Sherlock Holmes

2011.06.16

感想:那須正幹『ズッコケ三人組の推理教室』

 しまった。
 「ホームズにインスパイアされた三人組」の話があったとは!

 「"シャーロキアン"ということばをごぞんじだろうか」。
 冒頭からホームズ物語と愛好家たちの紹介から始まる。
 かぶれるのはハカセだ。
 学校図書館。『緋色の研究』。

 「しっかりしてよ。あなた図書委員でしょ。シャーロック・ホームズくらい知ってなくちゃあ。」
 和代の発言は、ハカセのプライドをいたくきずつけた。

 続く描写。
 …。
 ホームズにハマるパターンだなあ。もう。
 ハカセが小説を読まないのは確かに共通項だけど、それだけでなく、案外人物造形はホームズと似ているような…そう思いながら読んだ。
 ズッコケには推理ものも多かったが、どの巻も謎解きの要素がある。
 『ズッコケ中年三人組 age43』も裁判ものの体裁をとってはいながら、ミステリ風味だった。
 謎解きで活躍するのはハカセだ。

 モーちゃんが『緋色の研究』を読んでいたことは、意外。
 大人向けの文庫版でも入りやすい話ではない。子ども向けは、どの版だったのかな。1989年刊行当時だと、岩波少年文庫か。
 ハカセがホームズにイカれる構成上、最初に『緋色の研究』をもってきたんだと思うが、モーちゃんが読んでいたのが最も著名な短編集『シャーロック・ホームズの冒険』でよかった気もする。
 花山第二小学校の学校図書館では『緋色の研究』を含むホームズ物語が揃っていて、モーちゃんも読んだということか。
 彼、意外と読書家なんだな。

 端々にホームズかぶれを思わせる描写を入れつつ、いつものズッコケだった。
 最後のしめが駆け足に感じられ、ちょっとすわりが悪い。

 どこかで耳にしていたのかもしれないが、読もうともしていなかった。
 子どもの頃、近所に使いやすい図書館はなく、本は買うしかなかった。
 「(半年に一度出る)ズッコケは、もうついていけないな」。
 単行本では小遣いが続かなかったのと、場所塞ぎだった。
 しかし、この『…推理教室』まで読んでいたら、そのまま読み続けていたかもしれない。
 文庫版も数年後に出ていたようだし。
 …といっても、この刊行年だと微妙かな。自分がやめてしばらくして、文庫版の刊行が始まったという感じか。

 光村図書の中学3年生国語教科書の読書案内に、新潮文庫版ホームズがあるとのこと。
 そういえば先日、学校図書館に勤める知り合いに「ホームズは、どの版がいいか」聞かれたりもした。
 日暮雅通訳の光文社文庫が完結。青い鳥文庫も新装丁で刊行中。
 創元推理文庫では、深町眞理子訳の新版が刊行中だ。
 前の版の阿部知二訳に思い入れがある。絶版は残念ではある。
 今は「パスワード」シリーズや「夢水清志郎」があるけれど、ホームズも、読まれているだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.06.14

目次:那須正幹『ズッコケ三人組の推理教室』

那須正幹『ズッコケ三人組の推理教室』ズッコケ文庫, 1992.12

目次

一、名探偵の条件
二、ネコ誘拐事件
三、小堺ペットショップ
四、張りこみ、追跡、そして…
解説/しかたしん「むこう岸のおもしろさとこちら側のおもしろさ」

初出:『ズッコケ三人組の推理教室』新・こども文学館 10 (1989.7刊) ポプラ社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.26

「ME AND MY GIRL」日本版CD

 「ミュージカル『ミー&マイガール』ハイライト・ライヴ録音版」。
 聴きながら書いています。

 2006年の井上芳雄・笹本玲奈主演での再演があることを耳にしていました。
 2009年6月。毎日忙しい中、最終週に観に行くことができました。仕事の状況によっては、チケットが無駄になる可能性もありました。
 ドーランを塗ったくったミュージカルに抵抗のある自分が、「いやーよくできてる」と感心して、楽しめた同作。
 ストーリーはシンプル、曲もわかりやすく、元気をもらうのにいい。
 ホームズファンには、背景や設定、台詞や小道具の活かし方に注目がいって、楽しいのですけど―それは措いておいて。

 2006年の時は帰りがけにブロードウェイ版CDを購入。よく聴いています。
 今回またもや帰りがけに「日本版CDが秋に出まーす」。その場で支払い。以来、待ってました。

 3年前、笹本さんの必死な歌い方が、自分はイマイチだった。
 再演では、井上さんも笹本さんも、役も歌も自分のモノにしていて、また観に来てよかったなあと感じました。
 ピットが客席に向かって、ランベスウォークを誘うのには無理がないかなぁ?と違和感があったけれど(一幕めの終わりのランベスはヒロインの悲しみの裏返しだから、流れからすると変。それと、自分が疲れてた)、曲を聴き込んでいた自分は、ついついノレてしまいましたし。みんな楽しく歌って踊ろうよ!という盛り上がる曲なんで。

 日本語の歌詞がやっと読めて嬉しい。口ずさんでみて確かめています。
 笹本さんが心情を乗せてきているのが、よくわかります。昔聴いたときと印象が違う。井上さんも、役自体が薄っぺらくても、役者が深みを入れている感じ。
 英語版に比べると、疲れている頭でもすっと流れるように入ってきて、ホント気持ちいいです。

 ちょっと、幸せ。

 参考:
 2006年の私の記事
 2006年のMIZUKIさんの感想
 今年の再演に際して、作品に関する詳しい情報

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.24

目次:リード『地下牢の幽霊』

『地下牢の幽霊』(ベイカー少年探偵団6)
アンソニー・リード 池央耿訳
評論社, 2009.4

目次

 プロローグ
1 幽霊が出た
2 地下牢の真っ暗がり
3 餌を仕掛ける
4 ロシアのお茶とお菓子
5 秘密の情報受け渡し場所
6 スズメバチの巣
7 縛り首の追い剥ぎ強盗
8 黒髯の家
9 幽霊屋敷
10 ユリーカ!

スパニヤーズ

あとがき

BAKER STREET BOYS 6
THE CASE OF THE HOUNTED HORRORS
by Anthony Read
Text (c) 2009 Anthony Read
Illustrations (c) 2009 David Frankland

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.11

ベイカー少年探偵団資料:5巻より

ハットン・ガーデンとブリーディング・ハート・ヤード

 …宝石店が軒を連ねるこのにぎやかな通りは、かつてはロンドンの金融街<シティ>のはずれに位置する庭園で、一五八一年に女王エリザベス一世が寵愛ひとかたならなかった豪商、サー・クリストファー・ハットンに下賜した土地だった。
 ブリーディング・ハート・ヤードはハットン・ガーデンの中央にあって、一隅に有名なレストランが店を出している、こぢんまりとした静かな広場である。…

アンソニー・リード『盗まれた宝石』p.184.

-----

 「あとがき」もまた読み応えあり(6p.)。
 かの「ミルヴァートン」の素材をうまく料理してあるとの指摘。また、煙突掃除のチャーリーからブリテンのオペラ『小さな煙突掃除』まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.10

目次:リード『盗まれた宝石』

『盗まれた宝石』(ベイカー少年探偵団5)
アンソニー・リード 池央耿訳
評論社, 2009.1

目次

 プロローグ
1 あの女を追え!
2 虎穴に入らずんば
3 新顔の下働き
4 マウントジョイ夫人はその昔
5 煙突掃除!煙突、そーぅ…じーいっ!
6 まるで写真と変わらない
7 ジェラルドに電報
8 モリアーティ登場
9 ブリーディング・ハート・ヤード
10 パイの分け前

ハットン・ガーデンとブリーディング・ハート・ヤード

あとがき

BAKER STREET BOYS 5
THE CASE OF THE STOLEN SPAKLERS
by Anthony Read
Text (c) 2008 Anthony Read
Illustrations (c) 2008 David Frankland

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.09

ベイカー少年探偵団資料:4巻より

コヴェント・ガーデンとライムハウス

 コヴェント・ガーデンは何百年もの間、野菜、果物、花をあつかうロンドンの中央卸売市場だったが、一九七四年にテムズ川をへだてたナイン・エルムズに移転した。現在、市場の跡地にはレストラン、商店、博物館などが建ちならび、ピアザは投げものの曲芸やアクロバットも含めて大道芸人が技を競う常打ちの舞台となっている。作中、ロージーが花を仕入れる壮麗なフローラル・ホールは、ボウ通り警察の向かいにあって今はロイヤル・オペラハウスの一部である。コヴェント・ガーデンは今やロンドン随一の観光名所で、世界中から訪れる旅行者は引きもきらない。
 ライムハウスは陸に上がった中国人の船員が住みついて興したロンドンではじめての中華街である。その後、中国系住民の大半はウェストエンドのソーホーに移り住んだが、…

アンソニー・リード『竜を追え!』p.178.

-----

 「あとがき」もまた読み応えあり(8p.)。
 コヴェント・ガーデンで登場したのは『マイ・フェア・レディ』のイライザ。
 「筋立てもさることながら、十九世紀の末という、日本では明治の中葉に当たる時代の雰囲気を色濃く醸して、ロンドンの街の情景が目に浮かぶような文章は味わい深く、それがこのシリーズの一つの読みどころです。」
 「今回の『竜を追え!』は、にぎやかな朝のコヴェント・ガーデンから話が始まります。コヴェント・ガーデンは今もロイヤル・オペラハウスで知られるイギリス文化の発信地ですが、この作品に描かれている一八〇〇年代の終わりごろはロンドンの台所とも言われる青物市場でした。…」
 「やがて、物語の舞台はテムズ河を下ったイースト・エンドに移ります。ロンドン塔の東に当たるこの一帯は、文中に描かれているとおりの港湾地区で、…」
 といったような具合で、ライムハウスや当時の華僑、運河の話まで書き下している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.08

目次:リード『ドラゴンを追え!』

『ドラゴンを追え!』(ベイカー少年探偵団4)
アンソニー・リード 池央耿訳
評論社, 2008.8

目次

 プロローグ
1 リリーをさがして
2 曲技団
3 消息を絶った花売り娘
4 竜を追って
5 あの馬車に続け!
6 平底船でチャイナタウンへ
7 竜の鬚をなでる
8 三合会
9 満ち潮
10 ざんぶり河へ

コヴェント・ガーデンとライムハウス

あとがき

BAKER STREET BOYS 4
THE CASE OF THE LIMEHOUSE LAUNDRY
by Anthony Read
Text (c) 2007 Anthony Read
Illustrations (c) 2007 David Frankland

地図「ロンドン市街地」あり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.29

目次:板倉厳一郎ほか『映画でわかるイギリス文化入門』

『映画でわかるイギリス文化入門』
板倉厳一郎、スーザン・K・バートン、小野原教子
松柏社, 2008.5

目次

イギリス文化を知るための15のトピック
 音楽
 階級
 教育
 国民性
 ジェンダー/セクシュアリティ
 宗教
 食
 地域性
 帝国主義/戦争
 犯罪
 ファッション
 文学
 民族/人種
 ユーモア
 歴史遺産

イギリス文化を知るための30の映画
『戦場にかける橋』 The Bridge on the River Kwai, 1957
 文化の衝突/史実とフィクション/ジュネーヴ条約
『007』  The James Bond movies, 1962~
 ボンドと戦後イギリス社会/イギリス人としてのアイデンティティ
コラム 不思議の国のアリス
『アラビアのロレンス』 Lawrence of Arabia, 1962
 映像叙事詩/歴史修正主義とメディア・コントロール/イギリスにおける同性愛
コラム バイクでデイト
『大脱走』 The Great Escape, 1963
 戦争映画/イギリスから見た戦争/戦争捕虜の生活
コラム ブリティッシュ・ファッションの条件
『ハード・デイズ・ナイト』 A Hard Day's Night, 1964
 リバプール/労働者階級の英雄?/スウィンギング・ロンドン/ブリティッシュ・インヴェージョン
『マイ・フェア・レディ』 My Fair Lady, 1964
 階級と言語/コックニー/競馬/「女嫌い」のテーマ
『モンティ・パイソン』 Monty Python's Flying Circles, 1969~74
 風刺コメディ・ブーム/テレビとライブ・ショー/映画での活躍
『小さな恋のメロディ』 Melody, 1971
 ルート・マスター/S.W.A.L.Kと時代/南ロンドンとブライトン
コラム サッカー
『アナザー・カントリー』 Another Country, 1984
 パブリック・スクール/同性愛/ケンブリッジ・スパイ/クリケット
コラム 英国式庭園
『インドへの道』 A Passage to India, 1984
 インドとイギリス/オリエンタリズム/イスラムのイメージ/植民地における「物真似」
『マイ・ビューティフル・ランドレット』 My Beautiful Laundrette, 1985
 パキスタン系移民/サッチャー時代と移民/ハイブリディティ/アジア人社会と同性愛
『眺めのいい部屋』 A Room with a View, 1986
 英国伝統映画/フォースターと映画/エドワード朝の紳士淑女/イタリアへのあこがれ
コラム シャーロック・ホームズ
『コックと泥棒、その妻と愛人』 The Cook, the Thief, His Wife and Her Lover, 1989
 イギリス人がグルメ?/視覚効果/コスチューム
コラム フーリガン
『フォー・ウェディング』 Four Weddings and a Funeral, 1994
 ウェディングドレス/民族衣装/結婚/葬式
『トレインスポッティング』 Trainspotting, 1996
 スコットランドとイングランド/エディンバラとグラスゴー/ドラッグと若者文化
『秘密と嘘』 Secrets and Lies, 1996
 働く女性と出産/喫煙/住宅
コラム イギリスの日本ブーム
『マイケル・コリンズ』 Michael Collins, 1996
 アイルランドとイギリス/IRAと北アイルランド問題/アイルランド音楽
『恋に落ちたシェイクスピア』 Shakespeare in Love, 1998
 シェイクスピアとその作品/エリザベス朝のイングランド/男装と女装/修正版シェイクスピア?/大衆文化に見るシェイクスピア
『リトル・ダンサー』 Billy Eliot, 2000
 イギリス労働史と炭坑スト/イギリスにおける男らしさ/イングランド北部と南部
コラム ロンドンで音楽体験
『ゴスフォード・パーク』 Gosford Park, 2001
 英国風殺人ミステリ/両大戦間のイギリス/上流階級のスポーツ/使用人階級
『ハリー・ポッター』 The Harry Potter movies, 2001~
 ファンタジー/ノスタルジア/学校小説と寄宿学校/ハリー・ポッターとイギリスの階級/ハリー・ポッターとキリスト教会
コラム クマのプーさん
『ブリジット・ジョーンズの日記』 Bridget Jones's Diary, 2001, 2004
 高慢と偏見/階級とエリート意識/フェミニズムとポストフェミニズム/アメリカ版イギリス文化
『ロード・オブ・ザ・リング』 The Lord of the Rings, 2001~2003
 ホビットとイングランド/言語と文化/信仰と憐れみ/第一次世界大戦/エコロジーのテーマ
『ベッカムに恋して』 Bend It Like Beckham, 2002
 インド系移民/スポーツと階級・人種・性/多文化の「共生」/ベッカム
コラム イングリッシュ・ローズ
『ネバーランド』 Finding Neverland, 2004
 J・M・バリと少年たち/エドワード朝と児童文学/ピーター・パンとジェンダー/スコットランドかイングランドか
『オリバー・ツイスト』 Oliver Twist, 2005
 ディケンズ/ヴィクトリア朝/イギリスの社会保障/ユダヤ人差別
コラム 地下鉄
『プライドと偏見』 Pride and Prejudice, 2005
 ジェーン・オースティン人気/法と淑女
コラム イギリスの海賊たち
『Vフォー・ヴェンデッタ』 V for Vendetta, 2006
 ガイ・フォークス・ナイト/テロとイギリス/ディストピア/ポップカルチャーと英文学
『麦の穂をゆらす風』 The Wind That Shakes the Barley, 2006
 グリーンという色/アイルランドのことば/アイルランドのスポーツ/コーク市/ブレイクの「愛の園」
『ミス・ポター』 Miss Potter, 2007
 ピーター・ラビットの作者/自然保護とナショナル・トラスト/ピーター・ラビットと日本/擬人法の文化

イギリス英語ひとくちメモ
イギリス文化史年表
あとがき

-----
・各章に「この章で学ぶこと」「あらすじ」「ポイント」が挙げられている。「この章で学ぶこと」は、映画の各項の節に相当。「ポイント」は、教科書で言う発展学習。
・各映画は、「15のトピック」のラベルが付されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.23

目次:スプリンガー『エノーラ・ホームズの事件簿 消えた公爵家の子息』

『エノーラ・ホームズの事件簿 消えた公爵家の子息』
ナンシー・スプリンガー 杉田七重訳 イラスト/甘塩コメコ
小学館ルルル文庫, 2007.10
The Case of the Missing Marques by Nancy Springer

目次

一八八八年、八月。ロンドンはイーストエンドの夕暮れ。
第一章 十四歳の誕生日
第二章 ママはどこへ?
第三章 兄たちの帰郷
第四章 名探偵もお手上げ
第五章 秘密の隠れ家
第六章 暗号
第七章 出発
第八章 消えた侯爵
第九章 エノーラ、事件の鍵を見つける
第十章 謎の男
第十一章 魔の手
第十二章 もうひとりの囚われ人
第十三章 脱出
第十四章 事件の真相
第十五章 スコットランド・ヤードへ
一八八八年、十一月。ロンドン。
暗号解読の手引き

訳者あとがき


-----
登場人物紹介
Enola Holmes エノーラ・ホームズ シャーロックの妹。母親の影響で淑女らしさに縁がなく、推理や暗号が好きなお転婆娘。
Sherlock Holmes シャーロック・ホームズ ロンドンで名探偵として活躍中。極めて冷静沈着な人物だが、兄と違ってユーモアを解する部分も。
Mycroft Holmes マイクロフト・ホームズ シャーロックの兄。普段は多忙を極めている非常に優秀な役人。弟に比べて堅苦しく、推理にも興味がない。
Eudoria Holmes ユードリア・ホームズ ホームズ兄妹の母親。ちょっと変わった人物で、暗号が趣味。突然、屋敷から姿を消す。
Viscount Tewksbury テュークスベリー侯爵 バジルウェザー侯爵の息子。屋敷から誘拐されてしまったらしいのだが、エノーラは彼の失踪の奇妙な点に気付き……?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧