ウェブログ・ココログ関連

2004.08.28

図書館員の愛弟子、始めました。

 ココログ、始めました。
 いろいろ試行錯誤しながら、やってみたいと思います。

 Nifty-serve時代からのユーザなんで、ココログ始めるってときにも注目はしてました。
 ホームページサービスも場所を準備してあって、やってみようと思っていたんですけど、全然そういう落ち着いた意識にならない。

 ココログなら走りながら、インターネットで何を書いていきたいか整理されてくるかと思って、衝動的に始めることにしました。
 直接のきっかけは、自分が使っているようなMacの情報が検索エンジンを使ってもひっかからなくなってきていること。備忘でいいから、書き出し始めてみようと思った次第です。
 テーマごとにそれぞれ記事が出てきたら、Webページのコンテンツにまとめる、みたいなことも考えています。
 でもまあ、まずは技術とかに慣れることかなあ。

 では、よろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.01

部 編 章 節 款 項 論文 書き方

 で検索したら、こんなブログがヒットした。

ろちろぐ:野口悠紀雄.(2002).「超」文章法

 おもしろそうなブログだ。
 ブログの書き方も含め、おいおいじっくり読んでみましょう。
 同じココログだし、レイアウトも参考にさせてもらってよいですか?

 それにしても、検索のしかた下手だなあ、オレ。
 構造的文章の書き方、章とか節といった階層の名前を調べたくて検索したのに、定番っぽいサイトがヒットしなかったよ…。ウェブ上にはないのかなあ。

---
【05.1.24追記】上記、補足記事を書いた。こちら
---
 そんな元々の意図からは外れるけれども。
 ココログ・ベーシックのデザインって意外にバリエーションがなくて、シンプルであっても効果的なものにするにはやはり工夫がいる(ヒットしたブログを見てまだまだ工夫の余地があると痛感した次第)。有料のプラスに上げたくもなるが、すりゃいいってもんでもないよなあ…中身なかったら意味ないんだから。自由度が上がるってことはデザインセンスも問われるんだしさ。
 デザイン絡みでいま考えているのは、リンク集の類は、別にホームページかまえて見やすいリンク集作った方がいいかな、と。ココログでまかなえてしまうのでもいいのだけれど、これはブログの本文読みながらのクイックリンクで、リンク集としてはやっぱり不便は不便。
 ブログとホームページの関係って、ブログでネタ書き散らしながら、コンテンツをホームページにまとめていく、というスタイルがいいみたいだ。走りながらでもやっていける、それだけブログが便利になっている、ということでもあると思うけれど。

 こんなコメントもある。

@nifty:ブログ(blog)サービス「ココログ」:ウェブログ虎の穴 其の六

ちず:普通のサイトを作る場合、全部一から作って、なおかつ内容もある程度出来あがっていないと相互リンクを申し込みにくかったり、検索エンジンにも登録出来なかったりしますよね。それがちょっと大変に感じていたんです。そんなときにココログを教えてもらって、これなら自分は文章を書くだけでいいのかなあ、と思って始めました。ココログを選んだのは、@nifty の会員だったのがひとつ。それと名前が可愛かったからです!


| | Comments (8) | TrackBack (1)

2004.10.21

bk1にトラックバック

 ビーケーワンの通称「子犬」トップページ。

 bk1にトラックバックができるようになっていた。
 正確には、トラックバック用の別サイトを立ち上げた、ということらしい。本サイト・通称「親犬」はhttp://www.bk1.co.jp。今回のサイトはhttp://www.bk1.jpで通称「子犬」、だそうだ。
 本サイトに書評を付けるのはどうも…という人も、自サイトで紹介していたりする。それをそのままbk1にとり込もうというのだから、おもしろい。

 自分も、本の紹介記事が長くなりブログのバランスが悪くなってきた、と思っていたところだった。
 本についての記事はブログ本体のエントリにしてbk1にトラックバックもし、左に出すbk1(親犬)へのリンクは本のタイトルだけにしておくことにした。

【2004.10.22追記】
 関連リンク
 bk1の画像転載について
 やりとりの日付を見ると、ずいぶん前からできるようになっていたのね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.23

bk1.jpってなんなんだ?

 引用の引用から。記事の日付は2004.3.17。このブログWebビジネスコンサルタントのネタ帳もおもしろい。この記事のような評価もなるほどと思う。
 文中にbk1.jpの作者のブログへのリンクがある。そちらに飛んでみて、"bk1"で検索してみると、確かに大変だったことがわかる。

bk1.jpってなんなんだ? - Webビジネスコンサルタントのネタ帳

正直なところ、bk1.co.jpもそうしたネットバブルの残骸の一片だと、筆者は考えていた。(bk1のみなさん気を悪くされるでしょうがごめんなさい。でもそれが個人的な正直な感想です)

しかし、bk1にも若いセンスをはぐくむ土壌が、かろうじてあったようだ。

bk1、トラックバック対応サイト「bk1.jp」をオープン
(InternetWatch 2004.3)

bk1.jpを作った張本人が自身のblogで語っている。

当時はバイトだったこともあって、 社内のバックアップはあまり得られませんでしたが、 やってることに自信というか、まちがったことはしていないという 自負みたいなものがあったのでどんどん進めました。 今思えばよくストップされなかったと思います。
(bk1.jpってなんなんだ? より)

bk1.co.jpでは、どうやら、現状に疑問をもった一人の元バイト君が中心となって独自のアイデアとノウハウと技術でサイトを進化させることができたらしい。

 コレハオカシイといろいろやっていた結果、トラックバック機能をもたせたらそれが喧伝されるような形になっちゃった、ということなのね…。それから、ここ数日重かったのはサイトへの攻撃があったからだったとか、わかりました。今後bk1.jpのことは作者ブログsmashmediaへ、だな。
 確かに、bk1が会社として「トラックバックxx万件達成!」とか誇示していても、本一点当たりにすると大したことないんじゃないかという気がする。実際、ほかの人の感想聞いてみたいと思っている本をトラックバック付いていないか検索するんだけれども、軒並みダメ。
 bk1.jpは別の方向からもいろいろ試行錯誤してみるとよさそうです。bk1ランキングとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブログでAmazonやbk1を利用するテクニック

facet-divers: Amazonで見ている本をbk1で検索するbookmarklet

既出かもしれませんが、Amazonで本を見ているとき、同じ本をbk1で見たくなった場合に使うbookmarkletです。


 同じ記事に逆も紹介されています。つまり、bk1→Amazonね。

 また、詞織に次の記事。
bk1書籍データを利用
Amazonアソシエイト・クリップ
 ここのブログには、ほかにもココログベーシックでもいろんなことができるテクニックが掲載されているので、じっくり見てみようと思ってそのままになっている…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.09

ぽざまんブログ、地震で大活躍

 地震があった。自分の出身が新潟なので、最近わさわさしていた。
 関連して、ぽざまんBLOGを紹介。

 「ぽざまん」とは元々、MacのPozerという人体3Dソフトを使ったマンガを掲載しているホームページ。大したものではないのだけど「一応18禁」。念のためホームページへの直接のリンクはしないでおく。今回紹介するのはその日記ブログの方。本家ホームページも見たい方はブログの方からとべるので、どうぞ(よろしければぜひぜひ)。
 ぽざまんの管理人さんが同じ県の出身とわかってからは親近感も沸くようになり(ホームページのみの時代からですよん)、ブログが始まってからはよく覗くようになっていた。ホームページ由来のおふざけ具合が好きで、例えばJoJo立ちのネタとかね。ここで紹介されているPoser仲間である全力HPの「ラジオJoJo体操第一フラッシュ」には大爆笑。

 で、地震である。
 ぽざまんブログの「華氏911」評を読んで、おや普段のオチャラケとは違う。ふうむなるほどなあと思っていたら。
 地震で大変身。
 管理人さんのご兄弟が小国町におられるのだが、この地域については地震直後からしばらくの間、きちんと整理された情報がなかった。
 そこで、ご当人は東京都内におられるにもかかわらず(ご自身の出身地でもない!)、Web上に散らばった草の根発の情報を集めてきて、小国町の地震関連情報としてまとめ、発信しておられたのだ。リンク先は最終版。小国町が自ら情報発信を始めるようになるまでの臨時措置となったが、小国町に親類縁者がいる遠方の人々には感謝されたにちがいない。地図なんかものすごくわかりやすい。

 自分も遠方でやきもきしていたが、現地入りして自分の目で実態を見聞したおかげで、いまは多少の余震でも安心できている。それまでは、本震直後の二日ほどは充分に連絡も取れなかったし、続く大きな余震を東京で感じたときには、頭痛と吐き気に悩まされたほどだ。あとで聞けば現地ではひどい揺れでも冷静だったというのに、「知らない」ということがいかに不安を煽るものか。
 マスコミはひどいところばかり映す上にそれがどんな位置付けなのか正確な情報を言わない。例えば道路が壊れた映像なら、それがどこなのか、通れるのか。ほかの道路の被害から見てどの程度のものなのか。彼らが現地入りして見知った範囲でもいいのだ。それどころか、同じ映像を繰り返し繰り返し流す。時間が経ってきたら追加情報と組み合わせるとかしろよなあ。役立たず…。
 さらに、マスコミは現地でひどい所業をしていたらしいという話もいくつか、現地発の書き込みがネット上では見つかる。真贋はご自身でご判断ください。例えばぽざまんブログではここ。直後に乗り込んだ某局レポーターの一人は学生時代の同級生だったり、他人事ではなかった。アイツ、性格悪いんだもの…。

 今年はブログ大隆盛の年だと思ったら、今回の地震で大活躍。
 阪神大震災のときもWebの効用が目立ったというが、今回は自分も、高校時代の同級生が立ち上げていた掲示板や、まちBBS等々で現地情報を得ることができた。ネットの力を改めて実感した。
 ぽざまんブログでのデジタルデバイドアナログデバイドの話も、うんうんとうなづきながら読んでいる。阪神大震災当時と比べれば今回は行政や公共交通機関のネットへの情報発信は格段に違っていただろう。不満も残るけどね。
 それにしても加茂市、どうなってたんでしょうねえ。ぽざまんブログの管理人さんの嘆息は、よくわかる気がしますよ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.11.10

@niftyBOOKSってbk1なんだけど…。

 ココログナビでは最近、アフィリエイトやろうぜって特集組んでいる。
 @niftyがしくみとしてまずもってきたのが、自分のところのオンライン書店@niftyBOOKS(中身はbk1)と組み合わせるという「ココログアフィリエイト」。説明はこちら
 bk1.jpの開発に関係している方のブログ(smashmedia)にはこんな記事も出ている。


■@nifty、@niftyBOOKSとAmazon.co.jp対応の「ココログアフィリエイト」

 ココログアフィリエイトは、@niftyのオンライン書店「@niftyBOOKS」およびAmazon.co.jpの「Amazonアソシエイト・プログラム」に対応し、書籍に割り当てられたISBN(国際標準図書番号)を入力することでアフィリエイトリンクを作成できるサービス。利用できるアフィリエイトは現在のところ書籍のみで、Amazonアソシエイト・プログラムをココログアフィリエイトで利用する場合は、有料サービス「プロ」「プラス」のユーザーに限られる。
(中略)
今回のイチオシは@niftyBooksを使う場合はアフィリエイトの登録が不要、ということです。ココログの登録時に還元先はわかっているので、そのまま@niftyポイントでお支払できます。 あっちの場合は登録が必要なのでめんどくさいですよ。でもレポーティング機能はうちでは提供できないのでそこは負けてます。そのうちなんとかします。

blogとアフィリエイトは現時点ではまだまだ懐疑的なスタンスなのですが、それは今ぼくが見ている範囲のデータに基づいた意見であって、これだけ大規模な展開は初めてだから楽しみです。

 ISBNさえ入れてやれば表紙画像だのなんだのいちいち加工しないで自動的にできてしまうので、ココログから本のリンクを作る、という点では非常に便利なようだ。

 使ってみたいのだが…。ただねこれ、@niftyBOOKSとbk1ブリーダープログラムとの関係がよくわからないのでちょっと困っている
 これまでbk1から入っても決済は@niftyのしくみを利用してきたし、いま確認したら@niftyBOOKSで入って設定を見ても、bk1から入ったものと同じものが見えているみたいだ。ブリーダープログラムで貯めてきたbk1ポイントや、注文履歴が見える(というか、@niftyの決済を使ったんで双方のIDをリンクさせたんだな…便利は便利だけどさ、勝手にやられちゃっておもしろくはないなあ)。
 で、よくわかんないってのは、「ココログアフィリエイトを使うと@niftyポイントが貯まる」とあるんだけど、これってbk1ポイントとダブって付くんだろうか?。bk1ブリーダープログラムも似たような、要はアフィリエイトのしくみなわけだけど、ブリーダープログラム経由で表示させた同じ本のページと、@niftyBOOKS経由で表示させた同じ本のページは、URLが違っているんだよね。
 問い合わせてみるか。@niftyとbk1、どっちに聞くといいかしらん。bk1のカスタマーセンターの方がレスポンス早いんだけど…。ココログアフィリエイトの話だしなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.11

ココログアフィリエイトとbk1ブリーダープログラム

 は、別のサービスだそうです。
 bk1のサポートに電話して聞きました。@niftyのサポートに電話しなくてよかった気がする…。ややこしい。

 ココログアフィリエイトで@niftyBOOKSに入り、購入すれば@niftyポイントは付くが、bk1ポイントは付かない。@niftyポイントとbk1ポイントが重複することはない。bk1ポイントを付けたければ、ブリーダープログラムから入って購入するしかない。

 ブログからリンクさせるのにどこがいいかは、いまのところ条件を見て選ぶしかない。@niftyBOOKS、bk1、bk1.jpとある。
 統合を図っているところ。

 とりあえず、サイドバーにはさっそくココログアフィリエイトを使ってみることにしました(これまではbk1.jp)。ウチでは詳しい紹介を本文(エントリ)側でしているので、そこからのリンクはいまのところbk1ブリーダープログラムです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.24

アクセス解析、カウンターを入れてみました。

 11/21夜からアクセスカウンターとアクセス解析を入れました。
 忍者ツールズです。

 次の記事を参考にさせていただきました。
 自分でもできそうに書かれてあって、感謝しております。

the blues:経営学、投資サファリ: 無料アクセス解析の導入法

the blues:経営学、投資サファリ: 無料アクセスカウンターの導入法

 自分のところはココログの中でも無料のベーシックなんですが、有料にしなくてもホントいろいろできるみたいですね。
 自分でいじってみてやっとこさだんだんとわかってきました。
 格好いいなあと思っていたカウンターがfc2だってことも、設置してみてわかりました。

 そのうち、サイドバーにカウンターと検索窓を作れたらいいナア。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.27

アクセスカウンターをサイドバーに移設

 サイドバーにカウンターを移しました。
 次の記事を参考にさせていただきました。

海夕 〜かいゆう〜: ココログカウンター設置方法

 しかし、「ココログ Powered by TypePad」ってロゴ(バナー?)。
 上と下のスペースのバランスが悪くないですか。並べ方をいろいろ試すんですが、ほんと収まりが悪い。自分のページから跳べると便利なんで、置いておきたいんですけど…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧