« 市民と司法の架け橋を目指して | Main | NHK教育『時々おとなも迷々2』 »

2011.05.17

那須正幹『ズッコケ中年三人組 age43』

那須正幹『ズッコケ中年三人組 age43』ポプラ社, 2008.12

目次
なし。本文では30章まで付番されている。
「あとがき」は2ページ。本書の主題である裁判員制度を執筆するについてのコメントで、かつてのシリーズへの言及はなし。

 子どもの本を借りに、図書館に行く。
 自分が子どもの頃読んだズッコケシリーズを、実家からもってきてある。それをわが子も、そこそこ読んでいる。
 閉館間際の児童書の書架の間でたまたま手に取ったのが、本書。

 『ズッコケ中年三人組』が出た時のAmazonの評価は読んでいた。
 元のシリーズ50巻完結からそう時をおかずに、出た。
 小学6年生から40歳って。確かにびっくりだ。
 今回手に取ったのも、その巻だと、当初誤解していた。
 まさか、シリーズ化していたとは。

 本書自体は、一気に読んだ。
 うん、ズッコケだ。
 本当の、自分の現実そのものではなく、かといって絵空事というほどの作り事でもない。
 扱われる題材の広がりと、描かれる心。
 おトク感と、物語の中だけれども隣に等身大の友達や自分がいるような気持ち。

 裁判員裁判、勉強になりました。
 こちらもどうぞ。

 法教育フォーラム:『ズッコケ中年三人組age43』~法教育素材の紹介3

|

« 市民と司法の架け橋を目指して | Main | NHK教育『時々おとなも迷々2』 »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 那須正幹『ズッコケ中年三人組 age43』:

« 市民と司法の架け橋を目指して | Main | NHK教育『時々おとなも迷々2』 »