« 7月23日と8月6日の金曜ロードショー | Main | 目次:山本譲司『続 獄窓記』 »

2010.07.24

目次:山本譲司『累犯障害者』

『累犯障害者』
山本譲司
新潮文庫, 2009.4
※この作品は、平成18年9月に新潮社より刊行された単行本に、第4章(『新潮45』平成19年9月号、第5章(『別冊宝島Real』平成20年9月発行)を加筆の上、追加したものである。

目次

序章 安住の地は刑務所だった―下関駅放火事件

 「刑務所に戻りたかった」/塀の中で半世紀/犯人との対話

第一章 レッサーパンダ帽の男―浅草・女子短大生刺殺事件

反応なき被告/気になる殺人事件/新聞・テレビの報道が突如消えた/いじめの標的/放浪生活の果てに/二度の服役/悲劇の家庭/自責の念に駆られる関係者たち/動機/反省とは何か

第二章 障害者を食い物にする人々―宇都宮・誤認逮捕事件

刑務所にいることが分からない受刑者/誤認逮捕/連続強盗事件/物証ゼロ/「俺、やってねぇーんだ」/警察・検察のためのセレモニー/不自然な親子関係/無罪判決/密室での取調べで何が…/見てきたような状況描写/閉鎖病棟での隔離生活/ヤクザに食い物にされる障害者

第三章 生きがいはセックス―売春する知的障害女性たち

選挙運動中に聞いた女性の叫び声/「要保護女子」の実態/親子二代で売春婦/「楽しかったからいいじゃない」/「生きがい」としての売春/「性」に対する強い執着

第四章 ある知的障害女性の青春―障害者を利用する偽装結婚の実態

懲役一年二ヶ月/偽装結婚グループ/表面だけの解決/ヤクザの元へ/どうせあたし、人とは違う

第五章 多重人格という檻―性的虐待が生む情緒障害者たち

解離性同一性障害/くり返された「日常的近親相姦」/自分を責め続けるもう一人の人格/顕在化しにくい親からの性的虐待/「触らぬ神に祟りなし」の児童相談所/「大村椿の森学園」から見えてくる希望

第六章 閉鎖社会の犯罪―浜松・ろうあ者不倫殺人事件

ゲームセンターの名物親子/凶行/杜撰な隠蔽工作/被害者も加害者も「デフ・ファミリー」/かつては罰せられなかったろうあ者/刑務所の中のろうあ者/手話通訳裁判/弟が語った加害者の生い立ち/給料の前借りと無断欠勤/元妻との会話/携帯メール一万回以上/頓珍漢なやりとり

第七章 ろうあ者暴力団―「仲間」を狙いうちする障害者たち

公判停止になった裁判/ろうあ者だけの「組」/手話で脅迫/九歳の壁/ろうあ者のオピニオンリーダー/山口・同僚刺殺事件/劣等感と疎外感/ろうあ者から寄せられた「嘆願書」

終章 行き着く先はどこに―福祉・刑務所・裁判所の問題点

ある聴覚障害者の出所/伊勢佐木市・女性監禁餓死殺人事件/障害者一家/福祉にも無視される触法障害者/「重度障害者重視」の弊害/ホームレスかヤクザか閉鎖病棟か…/刑務所の中で保護される障害者/変わりつつある刑務所/刑事裁判の問題点

あとがき 2006年8月13日
文庫版あとがき 2009年2月26日
解説 江川紹子 (2009年2月、ジャーナリスト)

|

« 7月23日と8月6日の金曜ロードショー | Main | 目次:山本譲司『続 獄窓記』 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/48977167

Listed below are links to weblogs that reference 目次:山本譲司『累犯障害者』:

« 7月23日と8月6日の金曜ロードショー | Main | 目次:山本譲司『続 獄窓記』 »