« 目次:リード『地下牢の幽霊』 | Main | DVD『夏子の酒』 »

2009.09.26

「ME AND MY GIRL」日本版CD

 「ミュージカル『ミー&マイガール』ハイライト・ライヴ録音版」。
 聴きながら書いています。

 2006年の井上芳雄・笹本玲奈主演での再演があることを耳にしていました。
 2009年6月。毎日忙しい中、最終週に観に行くことができました。仕事の状況によっては、チケットが無駄になる可能性もありました。
 ドーランを塗ったくったミュージカルに抵抗のある自分が、「いやーよくできてる」と感心して、楽しめた同作。
 ストーリーはシンプル、曲もわかりやすく、元気をもらうのにいい。
 ホームズファンには、背景や設定、台詞や小道具の活かし方に注目がいって、楽しいのですけど―それは措いておいて。

 2006年の時は帰りがけにブロードウェイ版CDを購入。よく聴いています。
 今回またもや帰りがけに「日本版CDが秋に出まーす」。その場で支払い。以来、待ってました。

 3年前、笹本さんの必死な歌い方が、自分はイマイチだった。
 再演では、井上さんも笹本さんも、役も歌も自分のモノにしていて、また観に来てよかったなあと感じました。
 ピットが客席に向かって、ランベスウォークを誘うのには無理がないかなぁ?と違和感があったけれど(一幕めの終わりのランベスはヒロインの悲しみの裏返しだから、流れからすると変。それと、自分が疲れてた)、曲を聴き込んでいた自分は、ついついノレてしまいましたし。みんな楽しく歌って踊ろうよ!という盛り上がる曲なんで。

 日本語の歌詞がやっと読めて嬉しい。口ずさんでみて確かめています。
 笹本さんが心情を乗せてきているのが、よくわかります。昔聴いたときと印象が違う。井上さんも、役自体が薄っぺらくても、役者が深みを入れている感じ。
 英語版に比べると、疲れている頭でもすっと流れるように入ってきて、ホント気持ちいいです。

 ちょっと、幸せ。

 参考:
 2006年の私の記事
 2006年のMIZUKIさんの感想
 今年の再演に際して、作品に関する詳しい情報

|

« 目次:リード『地下牢の幽霊』 | Main | DVD『夏子の酒』 »

「音楽」カテゴリの記事

「Sherlock Holmes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ME AND MY GIRL」日本版CD:

« 目次:リード『地下牢の幽霊』 | Main | DVD『夏子の酒』 »