« 目次:押井守『凡人として生きるということ』 | Main | 目次:リード『ドラゴンを追え!』 »

2009.07.04

催事:法情報へのアクセス拠点としてのライブラリ

 知人から、メールがまわってきた。題目を見れば実におもしろそう。

---------(引用開始)----------
公開セミナー 法情報へのアクセス拠点としてのライブラリ

テーマ「法情報へのアクセス拠点としてのライブラリ」
日時:7月18日(土)午後1.30~5.00
場所:富士通総研大会議室(東京・竹芝 ニューピア竹芝サウスタワー5階)
        地図 http://jp.fujitsu.com/group/fri/about/company/facilities/#map
主催:司法制度改革と先端テクノロジィ研究会 ローライブラリアン研究会
        http://www.legaltech.jp/
講演:
基調講演「司法制度改革の心と図書館の心」(早野貴文/弁護士)
招待講演「図書館司書の専門化をめぐる現状と課題」(根本彰/東京大学図書館情報学教授)

報告:
「法テラスにおける法情報サービスの現状と課題」(法テラス東京地方事務所)
「公共図書館における法情報サービスの現在」(鳥取県立図書館)

パネルディスカッション:
岡本真(Academic Resource Guide主宰)
岩隈道洋(杏林大学)
根本彰
早野貴文
司会/指宿信(成城大学)

事前申込み制ですが、参加は無料です。
チラシは、転送転載自由ですので、周囲の方にご案内いただければ、幸いです。
http://www.legaltech.jp/koukaisemi/2009/090718chirasi.pdf
チラシには申し込み書が付いております。ファックスにて事前のお申込みをお願いいたします。

また、セミナー終了後 5.30~より会場ビル内にて懇親会を予定しております。同研究会の研究成果をまとめた図書『法情報サービスと図書館の役割』(指宿信編、勉誠出版
2009)の出版記念を兼ねております(同書はセミナー会場にて販売)。
懇親会費は5000円です。
----------(引用終了)-----------

 出版記念の元本は既に読んだ。ローライブラリアン研究会のここ数年のまとめだという。巻末文献一覧を見れば確かにそうだろう。

 実務家でありながら非常に興味深い論考を書いた早野弁護士。
 「根本先生はまたLIPERじゃない」なんて声には「きっと違う」。元々の「政府情報と図書館」論だろう。
 法テラスは立ち上げ時から「その前のしくみと使い勝手が悪くなった」とか「相談件数が…」なんて話が出ている中、どうなってきたのか。
 鳥取県立は何かと話題ではあるが、ビジネス支援では聞くけれども、法情報だと自分は都立と神奈川県立が身近だ。だから興味津々。
 そこに、岩隈先生もお入りになってのディスカッションだ。楽しみ、楽しみ。

 別の知人は「ARGにレポート出るでしょ」と言うが、こういうのは質疑と懇親会が肝。
 ほかの著者たちも来るだろう。門昇先生や、久しぶりに山本順一先生のお顔も拝見したい。
 しかし、自分の参加はおそらく無理。連休の頭にもってこられたら子持ちは難しい。

 ビジネス支援と違って、「法情報」は当たり前・切り口は決まっていたり、さもなければいきなりレベルがグンと上がる。そんなこともあってか、「図書館」では焦点が合いにくいようだ。「法と図書館」を話題にしたオープンな集まり自体がまだ珍しい。
 ともかく実際に参加してみて、いろんな見方感じ方をしていただけたらと思う。
 そして、ARG以外にレポートが出てきてくださることを望む。
 そのためには、まずご参加いただかないとね。みなさま、よろしくお願いいたします。

|

« 目次:押井守『凡人として生きるということ』 | Main | 目次:リード『ドラゴンを追え!』 »

「図書館」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/45530144

Listed below are links to weblogs that reference 催事:法情報へのアクセス拠点としてのライブラリ:

« 目次:押井守『凡人として生きるということ』 | Main | 目次:リード『ドラゴンを追え!』 »