« 目次:押井守『TOKYO WAR』 | Main | 目次:大内伸哉『どこまでやったらクビになるか』 »

2008.12.13

目次:荒井千暁『社員が"うつ"になったとき』

『社員が"うつ"になったとき』
荒井千暁
NHK出版生活人新書, 2008.9

目次

第一章 カギはトップの判断に

 解決法は現場に足を運ぶこと

時間に追われる
 タバコのほうが安全です
 恐怖とともに、強い吐き気がした
 ロンドンで倒れ、手術に
 添乗員が消える
 年収、みてみぬふりばかりしていないか
  取材を終えて

職場から一体感が消えた
 若手社員が辞める
 課長がストレス障害に
 距離の取り方に悩む
 その場しのぎの日々。局長は頼りにならなかった
 どうすればいい
  取材を終えて

第二章 システムをどう作るか

 ちょっとした工夫で回避できる

雛形から学ぶ
 右肩上がりに増えている
 現場によって扱いがまちまち
 講師を招く
 積極的に取り組んでいる企業を訪ねる
 人事、医師任せではうまくいかない
  取材を終えて

第三章 戸惑う社員と向き合う

 話を静かに聴く、それだけでいい

部下と悩みを共有する
 無断欠勤が目立ってきた
 電流が心臓を横断
 否認された申し出
 人事管理者が配慮しなければならないことは……
 心療内科の受診を勧める
 うつ病と診断
 復職できたら、別の仕事にしてくれませんか?
 人は人で悩み、人は人で癒される
 職場に復帰。学ばせてもらった
  取材を終えて

兼務は重かった
 指が止まったままだった
 人員が確保できない
 パソコンによる一元管理ですべて担当に
 仕事に追われ残業する社員たち
 目安箱を置き、アンケートをとる
 全員が参加して討論会
 仕事の振り分けを見直す
  取材を終えて

覚エテイナイという女性と棲む
 遅刻だけが増える
 「奥さん」がOD
 大量の薬を流し込む
 なぜ自分で火傷を
 ブログから「奥さん」のこころを読む
 生き方を規定するものは……
 あなたが捨てられないものは?
 わくわくする何かがなければ生きていけない
  取材を終えて

第四章 当事者としてのこころ構え

 ネゴシエーターとしての力が問われる

頭ではわかっている
 やっぱりインクとペンだよ
 診断書は「病名 アルコール依存症」
 まあいいかって思うタイプ
 話してしまえば?
 週二日の出社から始める
  取材を終えて

療養の末に
 明日から、というときに休む
 ちょいと地方に、気分転換したかった
 自分のことがわかっていない
 医師が気の毒、というのはおかしい
 紐のような膵臓
  取材を終えて

第五章 療養している社員への対応

 職場で何があったのか調べる

休養中の社員との接し方
 なにげない会話のなかで、確認する
 どうしたらよいのか、わからない
 わたしが語ったら、傾聴にならない
 よい子が一番目立ちませんから
  取材を終えて

第六章 揺らぎの淵から

 目配り、気配り、こころ配りを胸に

「全体最適」の重圧の結果
 午前一時、部下から電話が
 そちらにいませんか
 もう一度、探そう
 桜の木の下で
  取材を終えて

定年退職の日に
 死の崖っぷちを味わった
 技能者であり、教育者だった
 自己破産、離婚、そして……
 夫婦それぞれに贈り物
 春になったら会いにいこう
  取材を終えて

あとがき

|

« 目次:押井守『TOKYO WAR』 | Main | 目次:大内伸哉『どこまでやったらクビになるか』 »

「心と体」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/43411614

Listed below are links to weblogs that reference 目次:荒井千暁『社員が"うつ"になったとき』 :

« 目次:押井守『TOKYO WAR』 | Main | 目次:大内伸哉『どこまでやったらクビになるか』 »