« 催事:改正図書館法の解説 | Main | 「ぼくらの」OP「アンインストール」 »

2008.07.25

アニメ「ぼくらの」を観た

 すんません、YouTubeで。
 内容はWikipediaで確かめていただくとして。
 原作マンガはまだ完結していない。未読。
 監督のブログが騒ぎになった。森田宏幸氏。内容はここでは触れないが、自分は却って興味をもった。8話段階でのことだったそうだが、8話まで観てさもありなん、原作マンガの描写がどうなっているか気にはなる。
 アニメくらいのオブラートにくるまれていて、自分は充分だ。

 アニメは、後半はオリジナル展開だという。
 もともと原作がもつ力が大きいとは思うが、アニメスタッフの頑張りも感じる。充分良質なアニメ化だと思う(「エマ第二幕」に比べたら…)。
 後半の勢いやらもろもろのために、突っ込みどころや安っぽくなったところもあるのかもしれないとも思うけれども、いろいろ考えさせられてしまう。
 どうしようもなさ、理不尽さ。あがくこと。ちっぽけな意味を見いだそうとすること。
 この歳になっても、コドモなんだろうな。いや、「トシだから」だろうか。

 それにしても…ここのところ、実は豊作なんじゃないか?日本のアニメは。
 「ぼくらの」も全24話、つまり半年もよくやれたなと思う。
 気がつかなかったことが惜しい。リアルタイムで気づいていたら、録画していた。

|

« 催事:改正図書館法の解説 | Main | 「ぼくらの」OP「アンインストール」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アニメ「ぼくらの」を観た:

« 催事:改正図書館法の解説 | Main | 「ぼくらの」OP「アンインストール」 »