« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

2008.05.06

「ベストセラー読者」と図書館

 ムムリクさん、貴重なコメントありがとうございました。
 いろいろ考えて、長くなったので、エントリーに起こします。

それ以外の小説の「赤毛のアン」のシリーズなどの予約はほとんどなくてすぐ借りられる状態だったという理解でよろしいですか?

 そうです。
 「赤毛のアン」で検索した結果と、「松本侑子」で検索した結果と。

 前回の記事に追加しないといけません。
 上の検索結果を個々に詳しく見てみると、予約が簡単に入れられたのは、そこそこ複本があったから。自治体全体で中央館・分館をひとつのデータベースとしていて、という前提ですけど。
 複本「貸出中」ステータス=利用者はそれなりにいた。それも、アンには訳書・関連本がたくさんありますが、複本がないものについても、割と出てました。
 しかし、「予約に溢れるほどではなかった」。このことはやはり間違いない、です。
 図書館側からすれば「ニーズが蔵書構成に合致している」のかもしれませんが、「これだけ瞬間風速が高いときに(自治体全体で)これかい!?」
 複本を含む蔵書構成で吸収できてるってことはある意味、アンに偏っているのか(笑)…、図書館の蔵書冊数(複本)でオーバーフロウしない程度のニーズしか、当自治体市民にはないのか。
 ちなみに前回の記事に「以前から」と書いておきましたが、アンだけじゃないんですよね。


 「ベストセラー読者」論となると、なかなか。

かつての書店員時代の感覚から言っても、多くのベストセラー読者というのは、話題だから読んでいるというだけで、そこから発展してその著者の他の著作や、同じテーマの他の書籍を読むという例は極めて少ないという傾向はあるように思います。

恐らく、本当の意味で読書が好きという人の絶対数よりも、本に限らずあらゆる面で流行に乗っかっていたいという絶対多数の一般人の行動がその理由なのではないかなと思ったりします(衣食住もろもろ。とりあえず体験したぞという満足感)。

 読者像としては、いろいろあっていい・ありうるひとつの類型だと思うんですよね。
 ただそれが、最近図書館業界で叩かれまくっている「図書館=貸本屋」論に対応している読者であることは間違いない。
 そして、残念ながら、彼らのニーズを満足させるには、「図書館」の機能である必要は、ない。
 「ベストセラー読者」の多くは、図書館を利用していないでしょう。彼らは本を購入できます。購入します。おそらくそうした読者のお陰で、この国の出版・流通は維持されてきた。
 そうした「ベストセラー読者」の一部が図書館に流れてきているにすぎない。

 図書館は読書のための一つの選択肢に過ぎません。そのことは読者として自分でもわかっています。
 しかし、図書館だからこそ・図書館ならでは実現できる機能があるから、自分は図書館を使っている。「図書館も」使っているという表現の方が正確かな。

 図書館に社会的に、蔵書として累積してあるからこそ、検索ができ、読むことが容易で。
 「考える」ためには、こうした図書館の「調べる」ための機能が必要です。「複数の資料に当たる」という。
 群として当たる必要がなく、個々のモノを入手したいのであれば、別にエネルギーが要る。お金も。これは長じた今となっては、図書館とは別のところで実現しています。

いろいろ理由はあるのかもしれませんが、そもそもが好きじゃないからとか、そうでなくても出版点数が多すぎて誰もすべてを網羅できるわけもないという諦めとか、まあ本当にいろいろなのかなと想像しないわけではないですね。

 ある関心に、できるだけ広く・多面的な視点で(可能なら網羅的に)アプローチする。
 ベストセラー読みではなく、そんな読書。文献調査。
 図書館がなくなったら、困る。
 そうした読書や、読者が育っていないから、図書館は支持されないのだろうなと思う。
 それでも、図書館を含む文献世界の機能は、どんどん便利になっています。それでも、読者は―。



#ちなみにわたしは村岡さんの訳の時代ですが、アンはすべて読みました。新訳にも興味はあるのですが、まだ手をつけていません。

 新訳、改めて興味深いですね。松本侑子訳に限らず、いろんな訳がありますが、特に今回は。
 ベアリング・グールドの『注釈付シャーロック・ホームズ』という本が子どもの頃の憧れでしたが、ハイパーカード時代に『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』にも同じグールドが注釈を付けた版があることを知りました。注釈があるってことは、それだけ、文献世界の広がりや、解釈の前提や豊かさがあるってことです(注に挙げられた文献を読みたいと言ってきてくれるお客さんは、私は、とてもとても嬉しく思います。でも、該当箇所のコピー(典拠)を持ってきてくれたら早いのに、と思うことは頻繁にあります。これは、どのレベルの研究者でも同じなんだよなあ…。そこで簡単なガイダンスを始めると、カウンターの手が足りないですから、同僚の目がうるさくて…)。
 だから私も、松本版、ぜひ読んでみたいと思っています。ありがたいことに文庫版ですし、たぶん買うと思います。図書館で読んでから。きっと、予約が満杯で、年単位で先になるでしょうが、それまで松本侑子さんの関連著作を読んでいるだけで時間が経ってしまうでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.05.07

目次:四季が岳太郎『我が愛しのアイリーン』

『我が愛しのアイリーン シャーロキアンとポーニストのための真実』
四季が岳太郎
杉並けやき出版, 2007.6

目次

プロローグ 四季が岳美樹
 I 十五歳
 II 二十歳

第一章 ショーナニアン・シャーロキアン・クラブ(1)
 I ポーの呪縛
 II 『最後の事件』
 III シャロンの解答
 IV アイリーンの面影
 ―娘、シャロンへの手紙
 V 夏目漱石君
 ―夏目漱石の手記
 VI バスカビル家の魔犬
 ―英国紳士からの贈り物
 ―夏目君のための『バスカビル家の犬』
 ―夏目漱石よりの返信

第二章 トウキョウ・ポーニスト・クラブ(1)
 I 「無題の原稿」
 ―フィラデルフィアの怪人

第三章 ショーナニアン・シャーロキアン・クラブ(2)
 I ホームズ物語の齟齬
 II ホームズ最後の作品の素案
 ―『日本屋敷の怪事件』
 ―ワトソンの遺言

第四章 トウキョウ・ポーニスト・クラブ(2)
 I 探偵小説の生みの親・ポーの研究
 ―『モルグ街の殺人』と『マリー・ロージェの謎』と『盗まれた手紙』
 ―一つの『アッシャー家の崩壊』の解釈

第五章 ショーナニアン・シャーロキアン・クラブ(3)
 I その女性
 ―シャーロックとアイリーン

第六章 トウキョウ・ポーニスト・クラブ(3)
 I ジャックのメモ
 ―『ジャックの亡霊』

第七章 ショーナニアン・シャーロキアン・クラブ(4)
 I シャーロキアンの研究
 ―『まだらのひも』
 ―ホームズの失敗
 ―共同期間の問題

第八章 トウキョウ・ポーニスト・クラブ(4)
 I 古き昔のタブー
 ―フィラデルフィアの怪人
 ―切り裂きジャック
 ―アイリーン・アドラー

第九章 夏目家
 I 残された記録
 ―死に逝く我が友
 ―同封されていた古いメモ

第十章 四季が岳家
 I アイリーンからのもうひとつの手紙
 ―親愛なるシャロン

エピローグ 四季が岳美樹
 I 二十歳の時
 ―母からのメッセージ

付記1 本当の最後の事件の謎のこと
付記2 アイリーンとシャーロックの秘密
付記3 本書の成立に関する若干の補足

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.18

目次:丸谷才一『ロンドンで本を読む』

『ロンドンで本を読む 最高の書評による読書案内』
丸谷才一編著
知恵の森文庫(光文社), 2007.4

目次

イギリス書評の藝と風格について(丸谷才一)

ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』
 クンデラと俗悪なもの ジョン・ベイリー(富士川義之訳)
ジョン・クレランド『ファニー・ヒル』
 一七五〇年のマージー・サウンド ブリジッド・ブローフィ(出淵博訳)
コナン・ドイル『オクスフォード版 シャーロック・ホームズ全集』
 戸棚に隠されたケルト人の謎 匿名氏(小池滋訳)
スティーブン・W・ホーキング『ホーキング、宇宙を語る』
 頭でバン! サルマン・ラシュディ(池澤夏樹訳)
カズオ・イシグロ『日の名残り』
 執事が見なかったもの サルマン・ラシュディ(小野寺健訳)
アンドリュー・モートン『ダイアナ妃の真実』
 フレッド・アンド・グラディス・ショー ジョン・ノートン(沢崎順之助訳)
コンパクト・ディスク版『オクスフォード英語大辞典』(第二版)
 マウスとメタル・ウェーファーの奇跡 アントニー・バージェス(大澤正佳訳)
マルセル・プルースト『失われた時を求めて』
 過ぎ去りし日の思い出 アンガス・ウィルソン(出淵博訳)
マルグリット・デュラス『愛人』
 パッション・フルーツ ローナ・セージ(出淵博訳)
ワルター・ベンヤミン『ワルター・ベンヤミン著作選集』第一巻(一九一三~一九二六)
 エヴァがアダムを誘惑したとき、いったいどんな言語で誘ったのか? ジョージ・スタイナー(土岐恒二訳)
ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』(H・W・ガーブラー編 原点批評研究版)
 『ブルームズデイ・ブック』アントニー・バージェス(大澤正佳訳)
ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』
 エーコ博士の流血館 ニコラス・シュリンプトン(富山太佳夫訳)
紫式部『源氏物語』
 レディ・ムラサキ V・S・プリチェット(出淵博訳)
遠藤周作『侍』
 日本への布教 アントニー・スウェイト(小野寺健訳)
丸谷才一『たった一人の反乱』
 一人分のチャーハン アントニー・バージェス(幾野宏訳)
北杜夫『幽霊』『楡家の人々』
 精神病院からの眺め ジュリアン・ルース(小野寺健訳)
村上春樹『象の消滅』
 わんさかワタナベ リチャード・ロイド・パリー(小野寺健訳)
ウラジーミル・ナボコフ『ロリータ』
 英語に恋して フィリップ・トインビー(富士川義之訳)
J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』『エズメに捧ぐ/その他の短篇』『フラニーとゾーイ』『大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア序章』
イアン・ハミルトン『サリンジャーを探して』
 超素朴アメリカン小説 パトリック・スキーン・カトリング(富山太佳夫訳)
レイモンド・カーヴァー『ファイアズ(炎)』
 覗く者と覗かれる者 ピーター・ケンプ(川本三郎訳)
マドンナ写真集『SEX』
 ボディ・ポリスティック マリーナ・ウォーナー(沢崎順之助訳)

文庫本のためのあとがき
解説 ロンドンの書評家たち 瀬戸内寂聴
初出一覧
訳書および原典一覧

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »