« 政府と寄贈型図書館モデル・迷考 | Main | ちぇー »

2008.02.03

A Memoir of Cafe Sherlock Holmes

 ときわ台の「バー&レストラン シャーロック・ホームズ」が閉店した。
 この2月2日のことである。

 閉店の報を聞いたのが、今年に入ってから。
 かなり厳しい情勢の中、無理して訪れた。

 久しぶりに入ってみて。
 …惜しい。本当に惜しい。
 こんな場が、なくなってしまうなんて。
 惜しんで訪れたほかのお客さんと、語り合った。

 なくなる理由は「入っているマンション建て替えのため」で、復活もメドは立っていないものの予定はしている。が、「シャーロック・ホームズ」の名を冠したお店ではなくなる様子。
 マスターはもう、74歳と聞いた。次は息子さんの店になる。
 それで、調度やアンティークを放出していたのだった。
 「頼むから復活を」とお願いしたが、復活しても雰囲気は変わってしまうだろう。アンティーク等は残すと言っていたが、前のマスターの店を思い出すよすがとして、のみだろう。
 「あの店」はもう、ないのだ。

 これまで、気に入って通った店が何軒かある。
 学生時代、なけなしの金を用意して頑張って行った日本酒の店に、十年ぶりに顔を出したら、ママさんがまだ、いて、なんと覚えていてくれた。
 独身時代や、いま住んでいる町にも、そんな店がある。その町を離れたり、忙しくなったりして、行けなくなったらそれでお終い、だろう。
 いつまでもいつまでも、そこにあり続けるわけは、ないのだ。

 学生時代に恩師に連れて行ってもらった小さなバー。就職して余裕ができたら、行きたかったんだけどなあ。数少ない機会を作って何度か店の前まで行ってみているが、タイミングが悪いらしい。まだ閉店はしていないのだが、いつも閉まっている。マスターも高齢だろうし、当時のお礼を言いに行きたい。
 青森には、家人との思い出の居酒屋がある。駅からはけっこう歩く。本当に美味しい料理と、いい酒ばかりだった。青森の酒と料理…。二度行って嬉しかったのだが、また行けるだろうか。青森を訪れたときに、まだあるだろうか。

|

« 政府と寄贈型図書館モデル・迷考 | Main | ちぇー »

Sherlock Holmes」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

Comments

地元の手焼きせんべい屋さんが閉店したということをきいてがっかりというか残念というか。理由が高齢のためというのが世情を反映していてなんともはや。
おいしかったのですがねえ。

Posted by: ムムリク | 2008.02.11 15:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference A Memoir of Cafe Sherlock Holmes:

« 政府と寄贈型図書館モデル・迷考 | Main | ちぇー »