« 目次:大島真理『司書はふたたび魔女になる』 | Main | 矢祭町立図書館の学問的評価に期待する(期待させて…) »

2007.11.26

昨今の図書館情報学における疑問:矢祭町立図書館

 学問的状況をざっとも調べきれず申し訳ないのですけれども…。以下の疑問、半年以上寝かせたままになってしまっています。
 ご存知の方あらばご教示ください。トラックバックお待ちします。

 資料寄贈を全国に呼びかけた矢祭町立図書館。この蔵書構築の手法には非常に評価が高いようです。
 私は単に批判するものではありません。多くの方(ブロガーやマスコミ)が指摘されるように今回の件では、「自治体が図書館を作る」こと、「市民が図書館を作る」ことに、それぞれの主体に強い認識があるとおぼしき記述に出会います。素晴らしいとしか言えなくなってしまうような。

 しかし、私が気にかかってしかたがないのは、秋田県北部でボランティアが同様に全国に寄贈を呼びかけ、失敗した事例です。
 私は、1998年10月に開催された全国図書館大会秋田県大会の公共図書館の分科会に参加し、この件についてのやりとりを耳にしました。資料に拠っておりませんので間違いがありましたら申し訳ないのですが、当時JLAで町村図書館の振興活動に力を入れておられた糸賀雅児先生が壇上で「うまくいかないだろう」と述べておられたことを記憶しております(追記:糸賀先生でなかったらごめんなさい)。そして実際に失敗した。成功したとは聞いておりません。

 このたびの矢祭町の事例は成功事例なのでしょう。しかし、私は学術的な分析があるならば、それを読みたいと思います。秋田がなぜ「失敗」し、矢祭町がなぜ「成功」したと評されるのか。

 よくわからないのは、学問に携わる方の態度です。1998年はそんな昔でしょうか?
 大学の関係者でなくとも、有意の図書館員ならば、矢祭町の事例を耳にした瞬間、秋田の事例を思い起こすものと思いたい。

 矢祭町の事例を分析した文献があれば、紙媒体・ネットを問わず、ぜひお知らせください。もちろん、その文献には、先行研究・先行事例への記述が含まれていることを前提とします。
 矢祭町の事例が、一般的な方法論を含んだものなのか、時代の流れに乗って評価されただけにすぎないのか。そこを知りたいのです。

|

« 目次:大島真理『司書はふたたび魔女になる』 | Main | 矢祭町立図書館の学問的評価に期待する(期待させて…) »

図書館」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昨今の図書館情報学における疑問:矢祭町立図書館:

» 「全国ありがとう文庫」のことなど [愚智提衡而立治之至也]
 【図書館員の愛弟子: 昨今の図書館情報学における疑問:矢祭町立図書館】について [Read More]

Tracked on 2007.11.27 22:30

« 目次:大島真理『司書はふたたび魔女になる』 | Main | 矢祭町立図書館の学問的評価に期待する(期待させて…) »