« 自分にとっちゃ珍しいんですが | Main | 目次:浜井浩一『刑務所の風景』 »

2007.10.07

目次:大島真理『司書はときどき魔女になる』

司書はときどき魔女になる
大島真理
郵研社, 2006.4

目次

パートI 図書館をめぐって

なんてったってネットワーク
シスターフッド
図書館のきょうだい
美という符牒
絶望したときに
図書館の三要素
図書館遺伝子
シェラ・クラブ
蔵書という怪物
スローガン
名も無き者への眼
コラボレーション
"根気だー!"
トッポギ食べてる!
カウンター日誌(1)
カウンター日誌(2)
生姜はケチ?
メディアを読む目
廃棄された本
言葉の吝嗇
映画と司書
シジフォスの神話
センスの問題
ライオンの歯?
架空を遊ぶ
『クマのプーさん』?
禁句です
『図書』
それが?
ないものだってある
シチュー当番

パートII 本をめぐって

▽トリエステの海―『ペンキや』―
▽読書は毒書?―『蒼ざめた馬』―
▽国民健康増進法―『チョコレート・アンダーグラウンド』―
▽傷つけられる権利―『思い出の青い丘』―
▽怒るヒロイン―『赤毛のアン』―
▽待つことと自立―『ゼバスチアンからの電話』―
▽ブルーの秘密―『ルチアさん』―
▽ヒロインの系譜―『十一月の扉』―
▽葱の変身―『蜘蛛の糸』―
▽本当の名前―『なぞの娘キャロライン』―
▽魔法を使わない魔法使い―『ゲド戦記』―

パートIII 映画をめぐって

▽生きている限り希望がある 『ピエロの赤い鼻』
▽輝くペットボトル 『マラソン』
▽嘘がつむぐもの 『Dearフランキー』
▽魔力のコンスタンチノープル 『タッチ・オブ・スパイス』
▽想いは言葉ではなく 『四月の雪』
▽予言にみちた子どもたちへ 『亀も空を飛ぶ』
▽シャイロックの哀しみ 『ヴェニスの商人』
▽封印したものの謎 『輝ける青春』
▽命は途絶えたとしても 『白バラの祈り』

あとがき
本と映画の索引

|

« 自分にとっちゃ珍しいんですが | Main | 目次:浜井浩一『刑務所の風景』 »

「図書館」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/17268782

Listed below are links to weblogs that reference 目次:大島真理『司書はときどき魔女になる』:

« 自分にとっちゃ珍しいんですが | Main | 目次:浜井浩一『刑務所の風景』 »