« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

2005.11.01

たけぱんださん、そして私も新潟県中越地震を振り返る

 山古志出身のたけぱんださんの「たけぱんだな日々」が、一年前を回顧する記事を連載している。
 以前「落ち着いたらまとめるつもり」と書いておられた気がする。それに対応するシリーズだろう。
 たけぱんださん自身は既に故郷を離れて職を得ておられ、地震そのものが落ち着いた頃には、多忙でよくブログの更新がとまったり、仕事で死にそうな様子が推測される記事が出たりしていた。

 地震発生時は山古志を離れていたたけぱんださんだったが、被災地にいる家族を心配しての、地震直後からの動向、心情は自分にも共感するところが多かった。行動力はかなわないけれど。
 心配は心配、自分の実家はそれなりに大丈夫だったけれど、周知のとおり山古志は大変。何度か避難先や現地の様子を報告されるたびに、現地発の生の情報を読ませていただいた。
 印象に残っているのは、たけぱんださんがボランティアと協力しながら、クリスマスケーキをプレゼントするイベントを早期に始動させ、成功させたこと。自分はブログを拝見させていただいて、「ケーキどこがいいでしょっかねー」「やはりボン・オーハシでしょう」なんてコメントを書いたことくらいしかできなかったけれど(でも、様子を探りにボン・オーハシに電話してみたりしたんですよ〜。昔の「たけぱんだな日々」に残ってんじゃないかな)。

 改めて、今回の連載を読んで、あの一刻一刻の生々しさを思い出している。
 実家のごくごくご近所に、地震が原因で亡くなったオバチャンがいる。親戚以上の付き合いをしてきた、半ば親代わりでもあった方だった。長岡花火をそのご家族と一緒に観て、壮大さで胸がいっぱいになると同時に裏腹に「ああ、オバチャンともう一緒に見れないんだなあ」となんだか自然と涙が出た。
 地震だけではないが、今年は頻繁に実家に帰った。でも地震のせいもあるんだろう。実家がなんとなく心配で様子を見てきたかったり、地震があったからこそ、両親が健在なうちに長岡の自然と、子ども、新しい家族との付き合いをさせたかったんだな。
 子どもにとっては初めての雪体験、かまくら。春、桜がまだ残る悠久山に家族揃っての花見。そして花火…。

 自分の実家はもう落ち着いているが、帰るたび、そこここに残る傷痕を見ないことはない。
 いつも、ご近所の"兄ちゃん"と正月に詣でていた高龍神社もどうなっているやら。
 それこそ、山古志の春はまだ遠いのかもしれない。応援しています。

 そう、更新停止になった「きょうもつんどく中ココログ版」も読み返すいい機会だと思っています。
 図書館業界のみなさま、右サイドバーのリンクからぜひどうぞ。作者のかんちゃんがもてあまし気味なようなので今のうちです。あのブログとの"出会い"がなければ、このブログの"いま"もなかったなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.11.04

山古志の闘牛、八海山の一升瓶

 所用ありて、11/3は実家。朝から晩まで作業。行くときも帰るときも、新幹線に飛び乗った。帰ってきたら23時。それからまだ後始末がまだ続いて…まだ終わってない。あーでもがんばんなきゃ。
 ここのブログにも折に触れ「余裕がない」と書いているけれど、先月からそして今月も、週末は自分だけでなんとかできるようなものではない予定がなにやかやと入っている。日中にきちんと仕事するためにも、平日に消耗しないように気をつけていかないと。今日は疲れ切って出勤、さすがに残業できなくてまっすぐ帰宅。
 でも、いまも疲れてるけれど書いておいてしまいたい記事がある。

 11/3の昼過ぎ。ほんとにおひさしぶり、伯父さん伯母さんが従兄の運転する車に乗ってやってきた。従兄は子どもを連れてきていて、ウチと同じ3歳。しかしほんとに彼とはひさしぶりだったなあ。伯母さん、越後風しょうゆ赤飯をもってきてくれた。従兄の誕生日だから毎年作ってるんだとか。

 で。長岡に何をしに来たかというと。
 山古志の闘牛の千秋楽が11/3で、観に来たんだそうだ。伯母さんが大ファンで、自分は山古志の闘牛は彼女に連れられて一度だけ観に行ったことがある。地震直前の秋、近しい親戚だけで近所の温泉に行ったときも、旅館の出口に闘牛のポスターが貼られていて、また観に行くぞと思ったものだった。それがまさかこんなことになろうとは。
 伯母が闘牛の千秋楽に行くと聞いて、くやしくてくやしくてならなかった。山古志は長岡市にもなったのに!いろいろ大変なことの結果だけれど、最近は長岡の郊外で闘牛をやってくれるのに!
 そんなに長い時間じゃないから行こうよと誘われたが、ほんとに時間がなかった…。

 伯母は、おしゃべりが大好きだ。明るい伯母によく元気をもらった。
 玄関先で、山古志への思いをまくしたてた。今回も元気をもらった。
 「おら、山古志のショに元気もらってくるんだて!山古志のショは元気らよ〜アッハッハ」。
 大手高校に避難していたときも知り合いの様子を見に行って、かえって元気をもらってきたと言っていた。
 千秋楽に出る「ミノル」が贔屓だという。「牛の名前?」「イヤ、飼い主もおんなじ名前なんだて」。
 車の後部ドアから出てきたのは一升瓶。八海山の本醸造。
 「牛の身体にぜーんぶかけてやるんだよ!そーいや、あんたの分ももってきてやればよかったねえ」。
 伯父伯母は八海山の麓に住んでいる。「八海山」はほんとに地元のお酒。ときどきいただいたことがある。さすがに今回は酒はもって帰るどころではなかったが。

 いかめしいことを言えば、たぶん山古志の闘牛は、「神事」なんだろう。
 だけど、活き活きとしている。今でも活きている、大事な「みんなの文化」ハレの催事なのだということが、山古志の大ファンだという明るい伯母の来訪で、再認識できたような気がした。
 酒も、こうでなくっちゃ。ちんまりとかしこまって飲むだけが酒じゃない。闘う牛にかけてこそ、「地酒」の名にしおう。
 ああ、ほんと行きたかったよ〜。

 たけぱんださん、山古志のみなさん。「わかってない!」と怒られちゃうかもしれないけど、こんな山古志ファンもいるってことで。エピソードのひとつとして聞き置いてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.15

50,000hit!―あっという間に…

 本日夕方、50,000ヒットをカウント。
 40,000ヒットの記事が9.18だから、今回は2ヶ月で10,000を数えた。
 とはいえ、10月から忙しく、記事はあまり書けなかった。あと少しで11月末の週末を迎える。そうしたら何やかにやらの予定はもうなくなるし、少しは楽になるかなあ。

 この2ヶ月はいつもよりハイペースというか、一日のヒット数がかなり波があった。
 いつもなら100ヒットで、ちゃんと継続して記事を書いていれば120くらいだろうか。
 それが、「恋のマイアヒ」論争に関わるような記事を書いたもんだから、やけにカウンターがまわった。
 あとづけであいた日付に記事を挿入したりしているのだが。

 しかし忙しい。週末の予定が何かしら入っているので、身体が休まらない。それでも子どもと秋の爽やかな空のもと、お弁当を広げに行ったりもしているか。ちゃんとフルで相手してあげられないのに、楽しんでくれて嬉しかった…。
 職場に申し訳なく、出勤の日は残業。あとは、家族。週末にあれこれあると、これで手一杯。
 そんなときに限って、トラブルも起こる。ひとつは、病院にお世話になっている。
 今もなんと、PCでいろいろ片付けなくてはならないのに、大事なファイルを削除してしまったらしく、リカバリソフトで復旧をかけているところ。ほんと、ドジなんだから。

 仕事と家庭、がんばっています。
 いろいろあるので、ネタにして書くつもりではいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.25

ようやく『ΖガンダムII―恋人たち』を観た

 先々週から気になっていたが、仕事で忙しく、やっと手の空いた今週、観に行ってきた。ほかの映画館では先週には上映が終わってしまったところもある。
 ほとんど眠かったのだが、ほかの日はあいていない。実のところ、家族とすれ違いだ。残業ばかりしていたし、ひと区切りついたと言っても仕事の方は積み残しがまだまだあって、次の組み立てを考えなくてはならない。この日ばかりはと仕事と家庭を犠牲にして、ゴメンと思いながら久しぶりの映画館に足を運んだ。

 観たぞ〜というだけだった。展開が早くて眠くなっていられなかった。でも、Ζガンダムだったな。新作画がかなりよかったし、TV版は音楽の使い方に特に不愉快さを感じていたんだが、そういうところがなくて。フォウとのエピソードはやっぱりいい、TV版より流れがよくなっているかもしれない。ほかのサイトでも言及があるが、フォウの声優はかなり頑張っている、悪くなかった。池脇千鶴はひどかったけど…。「ΖガンダムIII―星の鼓動は愛」に期待。
 あれだけ早いと、不愉快なところは削られてしまっていい。映画でのアムロとカミーユの健やかな声を聴いていると、好きなんだな、と思う。
 Gacktの曲、いいね。高音のない西城秀樹みたいだけれど。今回はアルバムは買わなかった。

 帰りに、あまり寄らない街なので、大きいゲームセンターに寄ってみた。のまネコグッズが入口にどーんと置いてあった。珍しい、初めて見た。まとめサイトでは、あちこちでもう撤去されていると聞いていたのに。O-ZONEの例の曲が流れていて、確かにノリはいい。ボーとした頭にも軽妙なリズムが入り込んできて、気持ちが軽くなる。でも、このぬいぐるみとは別だよなあと。例のパラパラアニメも流していた。
 駅前まで戻ると、また街頭ライブ。女性がキーボードを弾きながら美声を響かせていた。とても気持ちがよかったのでずっと聴いていたかったが、疲れていたのであとにした。クリスマスの飾りがきれいだった。
 そうそう、「スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐」がもうDVDになるんですねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.28

船橋市西図書館蔵書廃棄事件・差戻審判決の覚書(1)

 とりあえず、判決が出る日付は意識してました。ひと月前から電話で問い合わせてたほどだし。しかし、傍聴には行けなかった…行きませんでした。まあ、新聞ほかからでないと採れない事実も多いなと、最高裁判決の傍聴で実感しましたので。行っても主文の宣明が直接聴けるだけで、判決全文(理由等々)がすぐ公開されるわけじゃないし。余裕があれば行っていたんですが…。
 11/24のアクセスカウンターはいつもの倍の200弱。事実を確認した後からするとトンチンカンな記事からトラックバックをいただいたり。ちょっとウズウズしてました。

○新聞各紙のチェック
 11/25-26になってから。実際にするのもそれなりに手間なので、手っ取り早くYahoo!ニュースで検索をかけました。それでもそこそこわかりますね。

○紹介・コメント記事
 巡回しているところと、ブログ記事の検索サイトから。
 ここでは挙げてませんが11/24に即記事にしたところより、あとで確認して書いたところほど、「費用負担の詳細」「控訴人が上告する旨コメント発表」について採り上げている感じでした。

愚智提衡而立治之至也:日常(11/24)
Verba volant, scripta manent.:船橋事件の差戻控訴審判決
Copy & Copyright Diary:蔵書廃棄事件

○傍聴記
Library & Copyright:船橋市西図書館蔵書廃棄事件の差戻裁判の判決
 実際に傍聴に行かれた方の記録。
 当方のひと月前の問い合わせ記事を元に行ってみたら、時刻が変更になっていたという…申し訳ないです。確かに裁判所の方が言ってました、同日13:20には多くの判決の言い渡しがあるって。

○評釈
Because It's There:蔵書破棄訴訟差戻し控訴審判決
 最高裁判決も参照して損害額の妥当性を検討。
 『法学セミナー』12月号に最高裁判決の評釈が出ているということはここで初めて知りました。ここでも紹介されている“presented by tatuya”内「著作権コラム第十一回」は、Copy & Copyright Diary経由で把握済み。
 なお、最高裁判決については今年度の全国図書館大会で山本順一先生が発表をものしており、質疑で「同等の内容を紙媒体で公表予定あり」とのことが判明。
 また、『ず・ぼん11』については、愚智提衡而立治之至也:「ず・ぼん」11に「肝心の座談会が9月の最高裁判決より前に行われていて,今となっては気の抜けたビールみたいなものになってしまっている」(筆者は先週入手したばかりで未読)。

参考:当ブログ内船橋市西図書館裁判関連記事 20050819現在。その後も関連記事あり。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.11.29

船橋市西図書館蔵書廃棄事件・差戻審判決の覚書(2)

○差戻審判決の評釈(追加)
言いたい放題:船橋西図書館焚書事件差戻審
 こちらでは以前、最高裁判決の「人格的利益」を肯定的に丹念に捉えておられました。
 損害賠償額についての考察はやっぱり判決全文が出てこないとやりにくそう…。

○最高裁判決についての法律家のコメント(追加)
benli:図書館において著書を蔵書とする方が著作者の利益を害するのか、蔵書としない方が害するのか?
 小倉弁護士のブログ。著作権法の立場から、図書館に対して「公貸権」を主張する「著作者」とのバランスを突く。
 ウェブログ図書館館長さんかCopy & Copyright Diaryのブックマークだったかで知りました。
blog of Dr. Makoto Ibusuki:法情報学の観点から、図書廃棄事件判決を読む
 指宿ブログにて、短いコメント。最高裁に対してなかなかトンチが効いてるというか。
 直前のエントリが図書館員には泣かせる。

○『ず・ぼん11』特集「船橋西図書館の蔵書廃棄事件を考える」
 三本の記事から成る。
 編集委員座談会「図書館にとっての問題は何だったのか」、
 東條文規「不可解な事件」、
 沢辺均「どこかに[右翼と左翼]という図式でモノを考えてたところがあったんだと思う」。

 編集意図:「…『ず・ぼん』では、これまで一度もこの事件を取り上げずに来た。『ず・ぼん』は、富山県立近代美術館・図書館事件をきっかけに創刊した本だ。…なぜ自分たちは、これまでこの事件を取り上げなかったのか、…」(座談会の記事冒頭から引用)。
 以下、筆者が読んでのメモ。

・意外に資料が、あちこちからまとめてあって便利。
・「富山県立近代美術館・図書館事件」との対比において考察している。判例としても、案外、この対照で考えるというのはなかったかも(但し、次のエントリも参照)。
・問題となった司書がなぜあのような行動に出たのか?そこが事実として明らかになっていない、釈然としないことにこだわっている。確かに裁判における事実認定でも、どうなってるんだろうかと思わせる。結果じゃなくて、認定の過程とか元の資料。
・経験ある図書館員の感覚的なレベルでの「選書」観からのコメント。ざっくばらんに。
・2005.5.27.の段階での、座談会…。当ブログでの関連記事の最初は5.23付、Library & Copyrightの4.18付記事を承けて。確かに遅いか。
・あとの2本の記事は、最高裁判決が出てから。沢辺さんの反省に尽きる。以下、記事末尾を引用。今回の特集は『ず・ぼん』としての苦いケジメだったんだろう。


 最後に、この問題についての『ず・ぼん』編集部の反応について僕の考えを述べます。
 船橋西図書館問題への『ず・ぼん』の対処はダメでした。この問題を知ってもすぐに取り上げなかったからです。ダメだったのは、この一点だったと思ってます。
 『ず・ぼん』一号では富山県立図書館の、「天皇図録」の破棄問題を特集にしました。この問題は、言論弾圧する右翼と、それに抵抗する左翼という図式でしたが、『ず・ぼん』は、右翼も左翼もなく言論弾圧はイカンという掲載の仕方をしました。
 今回、船橋西図書館の除籍問題では、富山のときとまったく反対の図式になったわけです。それをすぐに『ず・ぼん』で取り上げなかった。このことは、「右翼も左翼もなく」が、僕を含めたず・ぼん編集委員の本物の考えになっていなかったことを改めてばればれにされたのだと思います。それが今回の最大の反省です。
 『ず・ぼん』はダメだった。
 これが『ず・ぼん』にとっての船橋問題の主体的な問題のキモだったと思っています。


 この発言が出てきた文脈も、ぜひお読みいただければ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »