« 公立図書館の公共性?と公共経済学という手法 | Main | 自薦記事紹介:ノート・法律学方法論 »

2005.10.26

船橋西図書館蔵書廃棄事件差戻審の判決言渡しの予定

 東京高等裁判所に電話してお伺いしました。以下のとおりです。
 今週だか来週だかという話が耳に入ってきたので(当方の勘違いかもしれないのですが)、確認してみたんですわ。全然違ってました。

 判決言渡 11/24 13:20

 「判決の言い渡し」も「口頭弁論」の一種だそうですので、傍聴は可能とのこと。といってももちろん、今回も判決の主文を読み上げておしまいだろうからあっという間に終わっちゃうだろうけど。

 ついでに一般人が裁判の過程を知るためにはどうしたらいいか、少し教えていただきました。
 基本的には、裁判の事件番号を知らせないと状況はすぐわからないらしいのですが、今回は最高裁からの差戻審で、最高裁と控訴審の事件番号がわかっていたので、それでなんとか。
 でも、だいたい事件の概要と当事者がわかっていればなんとか対応いただけるようです。今回で言えば井沢元彦氏、西尾幹二氏ほか7名と、船橋市、事件の内容。

 また、訴訟記録の閲覧が可能です。もちろん、裁判実務に使っていない、あいているときだけ。ですので、予約ができるというものでもなく、裁判所に行って問い合わせてみてあいていればラッキー、ということになるようです。判決の期日が迫れば審議に使うことになるわけですから、余裕のあるいまのうち、ということになります。

|

« 公立図書館の公共性?と公共経済学という手法 | Main | 自薦記事紹介:ノート・法律学方法論 »

「図書館」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/6585114

Listed below are links to weblogs that reference 船橋西図書館蔵書廃棄事件差戻審の判決言渡しの予定:

» 船橋市西図書館蔵書廃棄事件の差戻裁判の判決 [Library ]
もう各紙でも紹介されていますが、メモ代わりに。 このブログでも数回取り上げました [Read More]

Tracked on 2005.11.25 at 12:54

« 公立図書館の公共性?と公共経済学という手法 | Main | 自薦記事紹介:ノート・法律学方法論 »