« 子どもとことば、生活世界―意味としての「情報」の認知 | Main | Wordのスタイル設定とアウトライン機能、活用してますか »

2005.03.12

年度末を前に、ここでちょっと振り返る

 長文の連続、なんか肩に力が入りすぎているのかもしれない。
 3月前半にあったことなど、短い備忘をパラパラと。

 『夏子の酒』関係のCDを入手。以前紹介したサントラは主題歌がShort Versionしか収録されてなかったので、集めていたら集まってしまった。熊谷幸子のシングルCD『風と雲と私』と、同曲収録のアルバム『Poison Kiss』。それに、岩男潤子のイメージドラマCD『夏子の酒』も手に入った!…ちなみに全部まだ聴いていません…。

 松田道弘『チェスの楽しみ』を古本で入手。チェスの本も、手に入らなくなりがちなので確保してしまう性。その上、相手もいないのにチェスの対局時計なんか買ってしまった。

 以前の記事で書いた子どもと二人で長岡帰省した折、"いつもの酒屋"で『久保田 碧寿』を購入。震災後の出荷日を確認。封を切ったらまた報告します。『山古志』という名の酒も、支援を考えて購入。孝行にと思い、普段「千寿」しか飲んでいない父に『久保田 萬寿』を置いてきた。

bairin050308 先々週と先週、ひどい下痢。今年の風邪はお腹に来るという話だが、その関係か。葛湯の話は少し前の記事で既述。

 子どもがインフルエンザ。早期に手を打って、既にこの土曜で解決。それでも十日間は振りまわされたか。

 おかげで今週の平日昼間、以前の記事で触れた梅林の様子を見に通りがかることができました。数年のうちに道路開発でなくなってしまう梅林です。写真を貼っておきます。へたくそですけど。

 ワープロソフトのアウトライン機能については、別に後続記事を起こしたのでご覧ください。

 ゆうきまさみ『機動警察パトレイバー』小学館文庫については既に紹介済み。

 「モモちゃんとアカネちゃんの本」講談社文庫版5冊揃いをついに入手!シリーズ全6巻あるところ、NDL-OPACでは講談社文庫版では第5巻『アカネちゃんとお客さんのパパ』までしか確認できなかった。第6巻『アカネちゃんのなみだの海』は講談社文庫版は刊行されなかったと判断。

 ほかにも、自分の方でも医者に行って些事に疲れたり、友達と絶交寸前にまでいって反省したり(奇跡的に仲直りできました)…と、生きているといろいろあるなあ、やっぱり。

|

« 子どもとことば、生活世界―意味としての「情報」の認知 | Main | Wordのスタイル設定とアウトライン機能、活用してますか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年度末を前に、ここでちょっと振り返る:

« 子どもとことば、生活世界―意味としての「情報」の認知 | Main | Wordのスタイル設定とアウトライン機能、活用してますか »