« 図書館学と情報学、法情報学 : 目次 | Main | 図書館学と情報学、法情報学(2) : 「法・情報学」? »

2005.02.15

図書館学と情報学、法情報学(1) : 「図書館・情報学」?

 当ブログで書いた「図書館・情報学」という表現が、MIZUKIさんのブログで話題になった。
 実は、これは自分なりの意味を込めて、しかしサラッと書いてみたもの。MIZUKIさんのところでは本来の本筋に則った議論をしていただいているので、ご用の向きはぜひご参照を。
 ここでは、その「自分なりの意味」の周辺を書いてみる。論旨を明確にすることを優先させたために、裏がとれていない、印象に偏っているかもしれない。そこはご注意ください。またご指摘いただければありがたいです。

 簡単なことだ。
 「"図書館情報学"は、呼称で一つになるほど、情報学と図書館学が基礎のところで融合なんかしていないんじゃないか」と思っているからだ。
 融合の必要、必然性はあるにもかかわらず。
 だから、図書館学と情報学という意味で、図書館・情報学。

 慶應義塾大学の「図書館・情報学」という呼称への妙なこだわりは知っているが、あえて関係なく書いた。
 慶應関係者の実績と、それ以外の研究者とのそれを見ると、呼称の違いがどれほど重要なのかはいまひとつわからない。

 自分は、法学部の出身だ。
 「法情報学」という呼称領域ができてきている。学会にも法情報学に関連した学会、情報ネットワーク法学会がある。
 これが、「図書館・情報学」の動向とどうにも似通っているように見えてしかたがない。
 迂回して申しわけないが、「法情報学」を枕に、自分の感じていることを話してみよう。

|

« 図書館学と情報学、法情報学 : 目次 | Main | 図書館学と情報学、法情報学(2) : 「法・情報学」? »

「図書館」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

Comments

トラックバックいただきありがとうございます。
「情報ネットワーク法学会」のサイトを見ていて思ったのですが、既存の学問分野の融合を目指す、ということには何故かどこかうさんくささがつきまとってしまいます。別に無理やり融合させなくてもいいじゃないか、みたいな印象すら覚えたりして。
ではなぜあえて融合させるのか?という話ですが。「図書館情報学」でもなく「図書館学」と「情報学」でもない「図書館・情報学」という呼称が存在するのは、何だかんだで図書館学と情報学が切っても切り離せない関係なことを示していて、でも現実には必ずしも融合し切れていないことの象徴のようで・・・難しいですね。

Posted by: MIZUKI | 2005.02.15 at 23:53

 MIZUKIさんようこそ。TB打ったのは、以前書いたコンテンツの話題でのひとことから地滑り起こしてしまったようなので、自分がどういうつもりだったか書いておこうと思ったからなんです。
 それが、ブチブチ切っていっても全10回、法情報学に関するダラダラしたところだけで3-7。最後なんか本筋から外れているみたいだし、どうしようかな…やめちゃうか!とか思っています。

>何だかんだで図書館学と情報学が切っても切り離せない関係なことを示していて
 本当は切り離せないと思うんです。図書館は、ほかの領域よりもずっと。
 でも、どうして切り離せないかがわかりやすく提示されていない。
 だから、自分がドツボにはまってんだよ(笑)。

 まあ、最初の数回くらいは目にしてみてください。あとは恥ずかしいので読まないでください(苦笑)。

Posted by: roe | 2005.02.16 at 01:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/2934342

Listed below are links to weblogs that reference 図書館学と情報学、法情報学(1) : 「図書館・情報学」?:

» 『図書館学と情報学、法情報学』感想 [日々記―へっぽこライブラリアンの日常―]
 図書館員の愛弟子で連載され、先日完結したコラム「図書館学と情報学、法情報学(1 [Read More]

Tracked on 2005.02.28 at 01:19

« 図書館学と情報学、法情報学 : 目次 | Main | 図書館学と情報学、法情報学(2) : 「法・情報学」? »