« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

2004.12.01

ホームズとブログ、ネット今昔

 ホームズの世界でブログってないかなぁ、と思っていて。これは、というところがありましたら海外でも教えてください。
 ブログの検索サイトを5つくらい試してみて、ヒットしたのがこちら。

ホームズ日記:ゲストブック

こんにちは。ホームズ日記にようこそ。

シャーロック・ホームズを研究するウェブサイト「シャーロッキアンへのはてしなき道」の更新履歴を書くために立ち上げたブログです。

 ひさしぶりに訪れてみたら、04/12/31(ン?いいのかな)の記事がゲストブック扱いになっているみたい。トラックバックさせていただきまーす。ウチは見切り発車で始めたんで、個人的備忘で雑多にすぎるんですけど…。

 自分で探しているくせ「ホームズのブログ」って何だよ、なんてことを改めて思って、さっき慌てて「はじめてのウェブログ」というところを見に行った。今日は時間もないのでつまみぐい程度。

 考えてみると日本では、ホームズの世界は紙媒体での業績がようやくひとまわりしてきているところだ。1977年に日本シャーロック・ホームズ・クラブ(JSHC)が小林司・東山あかねご夫妻の「お誘い」により成立。80年代に出版された会員の労作や研究の基本書がここ10年ほどの間に再出版されて、きわめて入手しやすくなった(文庫化・新装版・再訳等々)。小林・東山もついに自ら訳した全集を出した。
 ネットワーク上ならではの発信は、日本ではここ数年になって充実したサイトを見るようになった気がする。ネットとホームズと言えば、95年前後のインターネットの急速な普及とほぼ同時に、海外では自分のような浅いファンでもコレはスゴイと思うサイトが既に立ち上がっていた。ホームズは著作権が切れているし(まだ青空文庫がなかった頃でもプロジェクト・グーテンベルクを身近に感じたものだ)、積極的な方はそれこそworld-wideな交流をしているから、まさにうってつけ。日本でもメーリングリストが比較的早い時期に開始されているものの、紙媒体での研究者達がそのまま同時にネットに参入するという印象は薄く、日本のホームズサイトの興亡は激しかったように思う。

 で、「ホームズでブログ」。
 ブログと日記は違う!という意見もあるそうで。ココログを備忘にしている自分が言うのも何ですけど、確かに、誰でもが採り上げるようなニュースを鸚鵡返しに引用して、一言コメントしているだけの記事に当たるとあちゃ〜と思ってしまうのは否めない。ドラえもんの声優さん交代とか…「日記」にしてもあなたの感想が書いてあったら嬉しいなあと思うんですよぅ。
 だから、「シャーロッキアンへのはてしなき道」と題したサイトの更新履歴を中心にブログにするってのは、ううん、なるほど。それもありだな、と思った次第。読んでいて楽しいです。
 要するに親サイトの雰囲気が好きなんですよね。デザインも、記事も。

 あーこのホームページ見ていて思い出した。グラナダ版DVD完全版買わないとなぁ。

【関連リンク】
 「シャーロッキアンへのはてしなき道」「The World of Holmes」のリンク集から充実したサイトが見つかります。下記は自分が知っている限りでのオススメ。

Sherlockian.Net Holmepage
 海外古参サイト。ここから主要な情報源にリンクが張ってある。
Camden House
 正典のテキストと英米の初出時イラストなど。美しく構成されている。

日本シャーロック・ホームズ・クラブ事務局
 入会案内と申込書のダウンロード。English ver.の方が、軽井沢追分にある立像解説や正典索引(分類あり!)など充実している。
The World of Holmes
 ここでしか読めない資料性の高い記事が満載。「「最初の挨拶」とサイト案内」をご覧ください。
しょうそう文学研究所
 乱歩・山中峯太郎研究も。日本語ホームページ下からリンクされている英語ページは、Shoso-in Bulletinのオンライン版を中核としている。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.12.02

年末態勢

 12月に入りました。
 年内はしばらくブログを休もうと思います。とりあえず、今までの形はなし。
 なにか文章にしてメモする必要性が出てきたら、ここに書き込むことにするかもしれませんけど、基本的に休業モード。

 標題は正確な状況を表していないんですが、まあ師走ですからね、何かしら忙しいわけで。ココログの優先順位を落とす…というか、ブログに逃げていても進まない。
 トラックバック、コメントがあれば、すぐにではないにせよチェックするとは、思います。
 なんかすぐ挫折しそうだけど、「意思表明」ということで。

 ご覧のとおり、スタイル(色)を12/1から変えてみました。
 ココログヘルプ: ウェブログ用スタイル一覧のとおり、普段は「タイプパッド風」ですが、「クリスマス緑」です。
 クリスマスを過ぎたら、直しとかないとね。

 それでは、また。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.03

ココログスタッフルーム、ココフラッシュナビ

 ユーザーカテゴリについて11/27の記事で採り上げ、「むいむい星人の寝言」のしののめさんからコメントをいただいた。ここで補足記事を書いておく。
 アクセス解析から元のリンクを辿ると、意外な関連ページが見つかることがあって便利。今日はしののめさんのところに送ったトラックバックを辿ってきてくださった方がいたようで、逆にしののめさんのバックナンバー「新潟県中越地震」「ウェブログ・ココログ関連」を読み直す機会ができた。

 ココフラッシュとユーザーカテゴリについては、しののめさんの次の記事をよく読むといいと思う。コメントやリンクも辿ってください。

 新潟県中越地震カテゴリできました(04.11.01)
 ココフラッシュの瞬なもの(04.11.01)
 賛成>ココフラッシュに新潟中越地震を(04.10.31)
 ココフラッシュのカテゴリ別新着(04.10.03)

 しののめさんの「ウェブログ・ココログ関連 バックナンバー」には、いろいろテクニックが書いてあって、ためになる。リンクを辿っていて(ようやく?)気がついたのが、標記の二つ。ココフラッシュナビとココログスタッフルームというブログである。

 ココログスタッフルームは、ココログナビの一番左下にリンクがあるが、ココログスタッフの個人ページかメンテナンス用のページへのリンクかと思っていた。大学のホームページなどには構成員の個人ページはよくありますよね。
 ところが、このブログ。ココログスタッフからココログユーザーへのアナウンスをするブログだったんですね。ヘルプにそんなこと書いてないぞ…。自分がおっちょこちょいなのかなぁ。
 以下、けっこう大事なことが書いてあると思った記事をピックアップ。

 ココログ 1st anniversary(04.12.02)
 利用規約に著作権の記述を追加しました(04.11.15)
 ココフラッシュがバージョンアップしました!(04.10.29)
 ココフラッシュリリース!(04.09.17)

 次に、ココフラッシュナビ。「このココログでは、ココフラッシュの中から面白そうな話をご紹介していきたいと思います」とのこと。
 このブログ、どこからリンクがあるんでしょうか。ココフラッシュのトップページにはリンクがないし。「瞬!ワード」の由来とか、ここ見ないとわからないよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.04

新装版・夏子の酒(講談社漫画文庫)

natsuko6.jpgnatsu1.jpgajiwai.jpg

 尾瀬あきら『新装版・夏子の酒』講談社漫画文庫全6巻が届いたので、備忘。

 モーニングKC(単行本)が全12巻。
 モーニングKCデラックス(愛蔵版)が全6巻。
 最初の講談社漫画文庫版が全12巻。
 今回の新装版・講談社漫画文庫版が全6巻。

 新装版のあとがきは著者本人が書いている。題を記す。

 第1巻 受け継がれる情熱
 第2巻 よい子のにほんしゅ教室!
 第3巻 アメリカにうまいものなし?
 第4巻 夏の燗酒
 第5巻 新人類その後
 第6巻 おこぜの味わい

 本記事を書いておこうと思ったのは、このあとがきのため。
 時間がないので本編を読み直しておらず(またはまりそうでこわい)、あとがきだけ急いで読んだが、なかなか万感迫るものがあった。連載が1988年開始、今回の新装版刊行が全6巻とも2004年。16年、と繰り返し言っている。
 尾瀬は最近日本酒ガイド『「知識ゼロからの」日本酒入門』(2001年)と『さらに極める日本酒味わい入門』(2003年)を出している。「味わい入門」の特色は、燗酒の飲み方と蔵元アンケートにもとづいた記事だった。
 新装版1巻と5巻のあとがきにも書かれているが、16年の間に蔵元の代替わりや杜氏の雇用形態の多様化が進んでいるという。『夏子の酒』の読者世代が日本酒シーンの主力に躍り出てきているのだ。
 連載開始から終わるまで4年。単行本、愛蔵版、文庫版が出て。夏子の祖母・奈津を描いた「夏子の酒・第2部」『奈津の蔵』が連載されて、単行本になって、文庫版が出て。そうして、今回の新装版である。

 時間の経つのは、早いもんです…。
 日本酒は、身近になっただろうか。1巻あとがきで著者自身、日本酒にこだわりができたのはこの作品がきっかけだったと書いていたのには驚いたが。
 日本酒は、3巻あとがきに書かれているように日本の食文化に関わっているし、国の農業政策にも関わっている。著者ホームページ作品紹介でこのマンガは「夏子の米」だと言われることがあると書いているほどだ。
 この新装版と、「味わい入門」を読んでいただければと思う。

 和久井映見主演テレビドラマのサントラ熊谷幸子による)がいい(中古CDを入手。記事はこちら)。テレビドラマ化されたときに『「夏子の酒」読本』というガイド本も出たがこちらはあまりおもしろくない。和久井映見はこれが縁で草壁渡役を務めた荻原聖人と結婚したが、離婚しちゃったなあ。
 ちなみに、自分は同著者の『みのり伝説』も好きです。こんな評もあります。

【追記】
・「蔵元若葉印」内「夏子の酒・奈津の蔵」。サイト管理人は新潟の蔵元に嫁いでおいでの方。尾瀬あきら氏の人柄が偲ばれる話、専門掲示板もあり。
若葉さんから本ブログにコメントをいただいて訂正。杜氏・蔵元の先祖が越後らしい。サイト内「若葉日和日記」の2004/06/05,2004/09/21,2004/12/18に「夏子の酒」関係の話題あり。(2005.1.20追記)
・新潟県村上市の角長呉服店内「花火・三勝ゆかた」。作中に出てくる長岡花火のイメージのゆかた生地。
・「由紀の酒-日本酒談義-」の日本酒ブログ(由紀の酒):開運蔵見学 付いたコメントに注目。
諏訪酒造内「夏子の酒と上原先生 「天のない酒造り」」。
・「純米吟醸 夏子物語」。「夏子の酒」のモデルとなったエピソード、幻の酒米「亀の尾」から造った酒「亀の翁」。その蔵元、久須美酒造の生酒。
久須美酒造ホームページ。
・「全国ロケ地ガイド」内「「夏子の酒」詳細ロケ地情報」。ドラマのロケ地として久須美酒造の写真がある。マンガでも主な舞台描写はこちらから採っている。
テレビドラマ「夏子の酒」評。一年かけて撮影したというのも話題になった。
・「TVドラマで学ぶ経営学」内「夏子の酒〜地域を変えるコミュニティビジネス」。札幌学院大学の先生が全11話を経営的視点で語る…。うーん。

・ドラマと別に、イメージアルバムなんてあったのか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.05

サイト内検索入れました。

 左のサイドバーにサイト内の検索窓を付けました。
 こちらのサービスを利用しています。
 無料で、登録も不要。広告やバナー表示も出ないので、多少心配はあったのですが…。
 取付が簡単だったこともあって、即付けてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.07

顎関節症、歯ぎしりとマウスピース

 歯ぎしりがひどくて、9月にマウスピースを作った。
 アゴの話を書く。顎関節症と、歯ぎしり。


 顎関節症。
 summercontrailさんの「夏のひこうき雲」は最近また論争もあるが、生活感が嬉しい。
 思い出したのだけれども、顎関節症の記事がある(リンク先は、サイト内を「顎関節症」で検索した結果)。初めて見に行って、へぇと思った。

 昨年のある日突然、うつ伏せで昼寝して起きたら右下顎(下の奥歯付け根の辺り)がみるみる腫れ、痛い。鏡で見ても腫れがわかるほど。痛くて噛めなくなり、口腔外科に診てもらったところ「顎関節症」と診断名がついた。
 医者によれば「顎まわりの筋肉の捻挫」。MRIで顎の筋肉を撮った。summercontrailさんと同じものを指しているかはわからない。どうも顎関節症というのは顎の関節の不具合をかなり広く言うらしい。関節そのものだけでなく、筋肉も含む。

 考えてみると、アゴってのはなかなかややこしい位置にある。どの科にかかったらよいものやら。
 当初、軽く熱も出たため、アゴの下のリンパが腫れたのかと内科を疑った。が、近所の内科は終わった時間。
 とりあえず閉まる直前の歯科に駆け込み、歯茎や歯、その骨を見てもらった。レントゲンを撮ったが異常なし。ここで大病院の口腔外科を紹介してもらう。
 大病院に行き、内科と口腔外科に診察券を出した。口腔外科にかかったところ、上記診断。念のためあとで内科でも診てもらったが、リンパは腫れていませんよ、これくらいで普通です。別に風邪をひいているようですし薬出しときましょう。

 口腔外科では、通常の歯科で判定が付かない口のまわり(頭部の鼻から下)の異常を守備範囲としていると聞いた。
 自分の「顎の捻挫」は関節のズレをいじって、マッサージしてもらったらすぐに楽になった。鎮痛・消炎剤とマッサージをしばらく続けて、徐々に治っていった。

 参考:AllAboutJapan「もしかしてあなたも顎関節症?


 歯ぎしり。
 子どもの頃から寝ている間に歯ぎしりをする。起きたときに、顎や顎に連なるこめかみまで筋肉が疲れているとわかる。寝て起きて疲れるとは。睡眠にいいわけがない。
 歯並びが悪いせいかとも思っていたから歯列矯正には以前から関心があるが、金額も張るし敷居が高い。
 そうこうしているうちに今年はストレスが加わり、さらに睡眠中の歯ぎしりがひどくなっているようだ。
 家人が心配して、人から聞いてきた手当てが、睡眠中のマウスピース。

 9月にできた。約4000円(初診料も加えるともっと)。近所の歯科に問い合わせてみると、どこでもやっていた。
 診察の上まず型をとって(1回目の診療)、できたものを微調整してできあがり(2回目)。まずゴム製のマウスピースを作ってもらい、医師の勧めで(追加でお金はかからない…)同じ型でプラスチック製のものも作ってもらった(3回目)。
 あとで下のリンク集を見てみたが、歯ぎしりにはほかに自己暗示法もいいようだ。でも、寝るときに危うくマウスピースを忘れるくらい気持ちの余裕がないことはよくあるので、物理的にマウスピースを入れるのが精一杯だろう。

 参考:AllAboutJapan「歯ぎしり・金縛り


 マウスピースを見て改めて、歯並びやはり悪いなあと思う。昨年顎関節症で駆け込んだ歯科には「これくらいなら普通です。実用上問題はありません」と言われた。しかしマウスピースを作るときの反応では、歯並びはいい方ではないみたいだ。歯列矯正の話も一緒に相談をしたからかもしれない。
 いいかどうかわからないが、今日はマウスピースを昼間も入れてみた。このところ、仕事中に歯を食いしばっていることに気がつく。こめかみが疲れることが多いので、昼間のマウスピース。緊張しない効果はあるようだが、なんだか口の中が変だ。できればそこそこにしておきたいものだが…。

【04.12.15追記】
コメントによさそうな掲示板の紹介をいただきました。そちらもご覧ください。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.12.15

クリスマスちょっといい話

たけぱんだな日々
クリスマスチャリティ企画
「被災した山古志の子供たちにクリスマスケーキを」
というのが個人的に長ったらしかったので、もちっと短くしない?と話したところ、とても活発(?)なやり取りの結果、正式名称を
クリスマスチャリティ企画
「ファースト・クリスマス計画」
に決定いたしました。
 本ブログ11/1311/1611/29に採り上げた「たけぱんだな日々」で、"山古志の子どもたちにケーキを配ろう!"プロジェクトが実行段階に入っているとのこと。
 お金も集まってきているそうなので、安心しました。

 有名無名な方々が、いろいろな形で被災された方々を応援してくださっています。
 こういう草の根手作りの企画が形になって、気持ちが暖かくなるのもいいなあと思います。
 ぜひたけぱんださんのところに行って、活動の様子をご覧ください。
 志ある方は、リンク貼っていただいて、ご紹介くだされば。

 ところでたけぱんださん。今更ですが、ユーザカテゴリは今後「新潟県中越地震」にしてはいかがでしょうか。私のブログ内での記事はこちら。リンク先も辿られるとよくわかると思います。
 カテゴリ「新潟県中越地震」は既にココログのトップページにはありませんが、アクセス解析を見ていると、ココフラッシュからのカテゴリリンクを辿ってくる方もいますので、目に付く可能性を上げる効果はあると思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.16

クリスマス・シーズン

 11/29からココログデザインが始まった。
 お知らせ用ブログは「デザインのココログ」。

 新たに用意された「リッチデザインテンプレート」とは、要はデザイナーに作ってもらったりしたセンスのいい?テンプレート集、ということのようだ。
 本ブログも12/2に、ベーシックなスタイル一覧から「クリスマス(緑)」にしておいてなんですけれども、12/15にリリースされた「サンタクロースがやってきた!」が見やすかったので変えてみました。

 テンプレートを変えちゃうと、サイドバーのコンテンツと並べ方がリセットされてしまうみたい。やり直さなければならないのでめんどくさいですな。
 ついでに、デザインテンプレートの新しい機能の「ラブ!リング」(恥ずかしいよこの名称)をコソッと入れてみました。

 当方、いまは記事も書けないし、ぜんっぜんクリスマス気分じゃないんですけどね。正月もずるずる行きそうで…すまん!家族!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.27

年末から、新年まであと…

 12/25にデザインを戻しました。
 ミーハーなもんで、さっき見かけた「リッチデザインテンプレート」正月版とか試してみたくなるんだけれど、サイドバーのレイアウトとかあとでいじり直すのが面倒で。
 定番の顔が定まらないのも、ちょっとどうかとも思うし。

 よけいなことばっかりしていて、肝心のことが進まない。
 にもかかわらず睡眠不足だし。

 また書きたいことが出てきたら、どんどん書きます。
 何にもないわけじゃないんですが、文章の形に出すのがとにかくへたなんだなあ。

 ブログ関連で雑談。
 備忘は備忘だけど、よその有名ブログの感想じゃおもしろみもないんだけどなあ。
 更新のことで思い出すのが、こちらのブログ。

 「腐女子の行く道、萌える道

 ブログを読むようになって初めの頃に巡回先に加えたのが、三谷ちずさんの「腐女子の行く道、萌える道」だった。アンタほんとに女子高生かよ!というヲタクぶり。文章がうまくて、抱腹絶倒。トラックバックは最初に読んだ「犬の三連星」に送らせてもらいます。
 「ウェブログ虎の穴 其の六」で採り上げられ、彼女のコメントは以前こちらでも引用させていただいた。

 しかし、更新がついにとまったままになっている。いろんな事情の中で、続けようともされたようだが、途絶えてしまった。最後のエントリは2004.8.12.。
 でも、そこにこれまでの膨大なテキストを残しておいてくれたらそれでいい。ちずさん、無理をしないでいてください。いつか始められるときが来ても来なくても、これだけの量があれば、自分はいつまでも楽しむことができる。

 「腐女子の行く道、…」のことで「ウェブログ虎の穴」を見に行ったら、「其の十二 ココログ1周年記念座談会」をやっていた。
 で、のっけから

 「真鍋かをりのここだけの話

 こちら、自分は「コオロギ・オブ・ジョイトイ」の頃から読み始めた。
 このブログはココログナビのトップページでも紹介されてるもんねえ。秋からか、「あの人もココログ始めてます」の欄から、「注目ブログ」扱いでココログナビの上の方に格上げになってましたね。

 夜、出演されている「サイエンス・ゼロ」「爆笑問題のススメ」をたまに見てしまう。パソコンに入れたテレビソフトか風呂に付いたテレビがよろしくない。
 爆笑問題のうちの一人が匿名掲示板での叩きにずいぶん敏感で、以前かなり批判的な発言をしたらしいのだけれど(そのときの真鍋女史のなんとも言えない態度のせいでネット上でもとばっちりが)、先週でしたか「爆笑問題のススメ」では、とうとうネットオタクを正面から採り上げて、専門家?を呼んで話題にしていた。
 で、テレビで真鍋ブログデビュー!番組でも言及されていたが、真鍋さんのブログが最初に話題になったのは、「虎の穴」で紹介されているように「メガネ写真がかわいい!」という記事だったそうだ。
 番組内でつい「オレ」とか言っちゃうし。
 視線の新鮮さとか、文章のおもしろさとか、ご自身の「らしさ」が出ているようで、ついつい読みに行っちゃうんだよなあ。

【十数分後追記】
 日テレのトーク番組で「ヒロシ」氏が出ていて、「真鍋かをりさんのファンなんですよー」と言っていた。着メロにもしていると。真鍋女史が同じ番組に出たときに「ファンなんです」と言われたそうで。
 真鍋女史、10月頃のブログで「ヒロシです…」ってやってたもんなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.30

旧型PCでAirH"、使えるようにがんばる。

 最初にお伺い。無知な私に教えてください。
 72pinのSIMMの64MB(2枚組)って、どういう用途で取り引きされてるんです?

 「キャラベルのトッパー」と言っても何のことやらわからないのが普通だ。
 親戚が大昔、最初に買ったパソコンだったがロクに使わないでいた。貧乏なので新しいマシンも買えずいまさらさわり始めているという。
 いまどきパソコンというかインターネットは生活必需品だろう。必需品とまで言わなくても、あったら何にでも役に立つ。
 かつてコイツを買いに行くときは自分も一緒に行って、気に入ったヤツだった。
 スペックは以下のとおり。詳しくはこちら

 Caravelle "Topper"
 Model 410C/H8
 Intel DX4(100MHz)
 SIMM 標準12MB最大36MB (固定4MB)
 HDD 810MB
 SVGA 800×600,256色
 タッチパッド
 PCMCIAスロット×2
 ステレオスピーカー×2
 汎用バッテリ

 気に入ったのは、メモリが通常のデスクトップ用のメモリが使えるということと、当時としては割と大きめの画面の左右にスピーカーがしっかり付いていたことだった。汎用バッテリなので、量販店に行って入れ替えることもできる。
 Pentiumじゃないから苦しいことは苦しいが、95を載せて充分実用である。で今回、増設してしまう。まずはメモリ、それからHDDを3GBくらいのを見つくろってきた。中古の店をまわったが、もうSIMMなんて置いてないし、HDDも最低でも20GB超。桁が違う。

 新規にHDDを入れるから一度開腹して(メモリ交換、HDD付替え)、一からフォーマットし直す必要があったのだが、しかし、DOS6.2-Windows3.1のFDを黙々とインストールするくらいはいいのだけれど、Win95のインストールはいろいろ忘れていることが多くて困った。今でこそノートPCのカードスロットはプラグ&プレイだけれども、場合によってはCONFIG.SYSとか書き直さなければならないことに気がついて、頭を抱えた。95のCD-ROMでインストールしようにも、外付のCDドライブを認識しないのではどうしようもないのである。結果としては3.1時代でもある程度自動化されていたので助かったのだが…。

 AirH"で常時接続をもくろんでいるところである。
 今回契約してきた32kのパケットというのは、遅いようでいて意外に使える。別の95機で試してみたところ、大きなファイルをダウンロードするのは本当に厳しかったが、普通にwebをブラウズする分には多少のんびりかまえていればいい。自分が普段使っているロートルMacと似たようなもんだ。
 Topperは強化したとはいえCPUまで交換できなかった。この通信速度は、ロースペックなら充分だろう。第一、メールなどのテキスト系が読み書きできればずいぶん違うはずだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »