« 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」要約 | Main | 脱線気味の疑問〜政府の読書支援のありかた »

2004.11.28

「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」コメント

※修正が入ることがあります。

前の記事から続く。

【コメント】

 再度確認。
 本発表について筆者が注目する点は、以下の一般理論としての部分である。

・図書館の定義上「共同性」概念に注目したこと。
・物理的な資料・資料群と貸出に議論を限定したことで、(「公立図書館」に限らない)図書館一般の財の性質(共同性・公共性)に迫ることができたこと。
・関係する公共性概念として市場モデルと公共財モデルを提示したこと。

 以上を元に、続けて展開する結論部分―公共図書館の公共財としての可能性の提示及び出版流通との解決策の具体的な検討―については、構成としても一貫しており賛嘆するが、筆者の問題意識からは外れる。

 図書館一般の社会的正当化論拠としての「公共性」を検討するための筆者の提案は、次の二つである。

・図書館の本質が物理的な「蔵書」及び共同体による「共同所有・利用」にあることには異論がないが、それだけでは不十分である。図書館の社会的な正当性(効用)を考える上では、資料(群)から「言語・表現」「意味・情報」と共同性の問題に入り込む必要がある。
・憲法学には、「言論(表現)の自由市場」論がある。図書館の問題は経済的自由市場のレベルで語り終えてよいか。政府と財というよりも、設置母体と言論という観点から「市場」との関係を検討する余地がある。

 しかし…慶應のマクロ経済分析グループは、方法論上の疑問を感じないのだろうか。
 本発表のような「公共財」モデルによる分析は図書館の一般性に迫るものでありながら、政府の役割としての公立図書館と貸出サービスに議論を限定した途端、議論が矮小化する気がする。対政府、対市場とでの戦術の違いなのか。

|

« 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」要約 | Main | 脱線気味の疑問〜政府の読書支援のありかた »

「図書館」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/2088787

Listed below are links to weblogs that reference 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」コメント:

« 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」要約 | Main | 脱線気味の疑問〜政府の読書支援のありかた »