« JSLIS2004秋季大会 | Main | 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」コメント »

2004.11.28

「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」要約

※修正が入ることがあります。

【方法】発表者は以前から、公立図書館を公共財モデルで説明しようとしてきた。

【背景】当初は行財政改革や民営化に対抗するために公共財モデルを援用していたと思われるが、近年は翻って、出版流通市場からの「公立図書館=貸本屋」批判に対応するために、市場との理論的な整合性に苦心されていた(うろ覚え)。今発表でその回答が、示されたと言ってよいだろう。

【本発表の構成】前提-経済学における図書館の一般モデル-二つの公共性についての検討-具体的な解決策

【概要】

○前提として、図書館一般を「設置母体の構成員が蔵書を共同で所有し利用するためのシステム」と定義づけてしまう(!)。

○図書館一般の財としての性格を、「クラブ財」と指摘した。この指摘は過去なされていても、本発表の文脈の中で位置付けていることが重要と考える。筆者が重要と考える理由は、「図書館はクラブ財である」との指摘には"「公共性」以前の「共同性」の観念が含まれている"と考えることができるためである。

・その位置付けとは、図書館を、市場-財政の機能から見て次の「財」の三つのレベルに配している。第一に、個々の資料を「私的財」と捉える(この点で出版流通と競合)。第二に、出版流通市場というフローから離れたストック機能としての「クラブ財」(図書館以外に貸本屋等も含む)。第三に、政府機能のひとつとして「公共財でありたい、また部分的に公共財である」公立図書館。図書館はクラブ財であり、公立図書館はそのままでは市場とぶつかりかねない「準公共財」である。

○マクロ経済学(財政学)の基本に立ち返り、「市場」のもつ公共性概念と「政府の果たすべき役割」としての公共性概念を確認。公共性概念は元来多義的であり、マクロ経済学で見出される上記二つの公共性概念もまた、元々別の公共性を指向する観念である。

・本発表を重要視する点として、「この二つの公共性概念は公立図書館と出版流通市場にのみ限られない、政府と市場の一般的な問題である」という認識が発表者にあること。例えば郵政事業など「公立図書館に限った話ではない」ということである。その上で公立図書館と出版流通の問題に具体的に還元しているゆえに、本発表の理論的一貫性と有効性がある。

・これまで観察されてきた二つの公共性の関係は、政府が半ば意図的に市場と衝突する場合と、市場と関係ない領域で政府の機能が成功してきたにすぎない場合に大別される。後者では幸いにして市場と衝突してこなかったためにたまたま「公共部門としての成功」を収めてきているが(衝突する市場がなく政府が補完すべき領域)、前者の図書館を充分に発達させた場合には、調整機能として公貸権等の制度が整備される必要がある。

○帰着する提案が、一貫した理論に裏付けられた上で、具体的な解決策を提示している。まず、公立図書館の公共財としては中途半端な「公共性」を、「公共財」の定義どおりに徹底させることによって、社会的に説得力あるきちんとした公共財に仕立て上げるべきだ、とする。その上でまた、市場の公共性と調整すべきところは個別具体的に整合的な解決策を検討すべき、としている。

【難点】

・図書館一般の性質をいきなり公共性につながるものとしてではなく、社会的な「共同性」に着目しているのはよい。しかし、あくまで財として見るのは、商品たり得る(=価格を計算し得る)個別の資料や資料群(蔵書)であり、貸出サービスに限った話題となっている。図書館の「共同性」の効果は物理的な資料(群)に限らない「情報」、貸出に限らない諸「サービス」等に展張した社会的機能にある(発表者自身は認識があると思われる)。評者はそこにこそ図書館ならではの注目すべき点があると考える(本発表は媒体に限ったことで理論的一貫性を維持している)。本発表の二つの公共性モデルだけでは、別に出版物、図書館に限らない類似財についての研究と同じである(だから、発表としては公立図書館の具体的解決策に議論を導いているのであるが)。

・マクロ経済学のモデルを用いているため、市場と政府の役割が「前提」になっている。ある意味では、功利主義モデル以外のなにものでもない。

・公共性の観念が(従来の経済学的)市場モデル・公共財モデルに依拠しているため、ほかの公共性観念に及んでいない。評者の考えでは、そのほかの公共性観念こそが、図書館の社会的正当化論拠としての「共同性」「公共性」をもたらしうるものである。

次の記事に続く。

|

« JSLIS2004秋季大会 | Main | 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」コメント »

「図書館」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/2088771

Listed below are links to weblogs that reference 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」要約:

« JSLIS2004秋季大会 | Main | 「公立図書館における公共概念の両義性とその射影」コメント »