« bk1にトラックバック | Main | ARIEL読本 »

2004.10.21

エマ・ヴィクトリアンガイド

emmaVG.jpg

 ヴィクトリア朝ロンドンを舞台に身分違いの恋を描く、森薫『エマ』。
 本編もいいのですが、世界を理解するためのガイドブックまで出てしまいました。「そこが大事なんです!」という精神で貫かれております(笑)。

(2004.8.29記)

【2004.10.22追記】
 関連リンク
伯爵夫人の昼食会 『エマ』本編著者森薫氏のサイト。
murakami rico's website 『ヴィクトリアンガイド』の圧倒的なテキストを担当されたライター村上リコ氏のサイト。「ヴィクトリアンガイド補遺」とか、この夏に森薫氏とともに取材旅行に行ってきたレポートがある。
英國戀物語エマ 公式ページ 2005年春アニメ化。2004.10.8より確認。
空間コミックビーム:『英國戀物語エマ』 「関心空間」内にコミックビームのサイトがある。こちらは森薫担当編集大場渉氏の一項目。リンクを辿ると「森薫:エマ」の項目もある。
「エマ」支援FLASH
「読書日記」内書評。ウチよりももっとちゃんと解説が付いています。

|

« bk1にトラックバック | Main | ARIEL読本 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

 ども、読書日記のobaです。トラックバック、ありがとうございました(結局、ココログにしたんですね)。
 森薫といえば、この前のコミックビームの附録になっていた、福島聡原作の短編が、『エマ』とはまた違った味わいで、なかなかでした(好みは分かれるかもしれませんが……)。メイド漫画以外の作品も読んでみたいと思ってしまいましたです。

Posted by: oba | 2004.10.23 at 21:19

 obaさん、ぱかぱかトラックバックしちまってすみません。
 このブログは備忘的な意味合いが強いので、まともな評は「読書日記」でありますとか人様にリンクさせてもらうことになりそうです。ともなると、リンクさせていただきましたよーというお知らせはしないとなあと思いまして。
 今後ともよろしくお願いいたします。

 ブログは選びませんでした。前からのniftyユーザで料金に入ってますから、試しにやってみるにはちょうどいいだろうと。
 あくまで試行運転です。

Posted by: roe | 2004.10.24 at 00:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50734/1736706

Listed below are links to weblogs that reference エマ・ヴィクトリアンガイド:

» 『エマ ヴィクトリアン・ガイド』 ヴィクトリア朝へトリップ! [手当たり次第の本棚]
ヴィクトリア朝。 なぜか、この言葉には、人を魅する響きがあるらしい。 これは、イギリスをヴィクトリア女王が治めていた時代を意味するのだけど、この女王様がどう〜もメロドラマの登場人物的な、弱く女々しいイメージのキャラクターで、政治的にはパッとしない時代だ。 ではなぜ魅力的なのかというと、社会的に激動の時代だったからというのがひとつ。 自動車は登場する、 電話は登場する、 工場ができて都市�... [Read More]

Tracked on 2005.05.27 at 16:39

« bk1にトラックバック | Main | ARIEL読本 »