« 久保田碧寿、乎友 | Main | モバイルPCの外部バッテリ »

2004.09.15

Kensington Comfort Type USB Keyboard

kensington_comfort_usb_kb.jpg
 Kensington Comfort Type USB Keyboard
 このキーボードを一昨日買ってきた。5月くらいからDo-夢さんで入荷待ち、ずっと予約していたのだが、先週末に秋葉館さんで扱いがあることがわかり、予約をキャンセルして購入した。
 輸入品はいつ入ってくるかもよくわからないのだそうだ。Kensington製品はMacを使い始めたずいぶん初めからトラックボールを愛用しているし、有名だろう。でも、キーボードのことなんかとりあげる人はあまりいないんじゃないか。

 普段、旧式のMacを複数台使っていて、切替器でディスプレイとADBキーボード(Apple純正JIS)を切り替えている。
 で、キーボード。USキーボードの魅力にとり憑かれてしばらくになる。USキーボードの魅力は、ほかのところで書かれているだろうから、ここでは略す。
 そもそもは、モバイルがWindows機─LibrettoL3─で、これをデスクトップで使えるようにしたら便利だろうなあ。画面も広くなるし…と画策したのが発端である。しかし、Apple純正キーボードはWindowsで使うにはキー配列があまりに違いすぎる。そもそもADBじゃつながらない。
 そこで、外付USB接続のキーボードを物色するに当たり、USキーボードを考えてみたというわけ。

 ひとつ脱線。ノートPCの追加外付ならフルキーボードを買いましょう。一等初めに中途半端なモノを入れて、失敗しました。ノートパソコンのキーボードは仕方がなく、それで慣れるしかない。でも、わざわざ外付にしておいて中途半端な配列だと、ほんとに使いづらい。普段それを徹底的に使って慣れる、というんだったら違うけどね。モバイルで小さいのがいいんだって別にメリットを見いだしているのでもまた別だけれど。

 フルキーボードを物色してみて、今回のKensingtonのキーボードに注目したのは。エルゴノミクスの工夫は使い勝手がよさそうだったし、その割に価格が5000円を出ない。この価格帯はあまりなかったんです。
 ところがちょうど品切れになったばかり。代わりと言ってはなんだが、これまた前から興味のあったラショウキーボードを入れてみた。これはこれで打鍵感がとても気に入ってしまって、MacでもUSBにつないで常時使っている。
 このラショウキーボードもUS配列ゆえにWindowsに対応できているのだが、そもそもMac用。流用しても使い勝手には限界がある。

 さあ、これで新しいキーボードが来たぞ。ばしばしやるぜ。

|

« 久保田碧寿、乎友 | Main | モバイルPCの外部バッテリ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

ナカーマ(・∀・)人(・∀・)
私も、ラショウキーボードにしました!ロデムが可愛いvvv
落込んだときキーを見るとなんともいえない気分になります。陽気というか、なんといいますか^_^;
TBさせてくださいね!

Posted by: めりの | 2005.02.26 12:14

 めりのさん、ようこそ。

 結局ラショウ・キーボード、感触がものすごくよくて気に入ってます。
 ラショウさんの本やゲームを中古で買ったりしてるんですけど、あっちの世界は置いておいても、このキーボードはもっと知られてもいいんじゃないかなあ。
 オークションで出ているのをみたりすると、オイオイ、まだ現役製品で入手できるのになあ騙されてんじゃないのとか思います。

 ちなみに、上記の記事はKensington Keyboardの記事のはずなんですけどね、文章がへたくそですみません。
 ケンジントンキーボードも悪くないんですが、結局Windowsをつなぐ頻度が相対的に低いのと、メインのMacでのラショウさんのいい感じで印象が薄くなってしまっています。

 ぜひほかのみなさんにもラショウ・キーボードを普及させたいですね!

Posted by: roe | 2005.02.27 22:55

今、私もキーボード(ノートパソコンに接続して普段使い)を探しているので、この記事が気になって……。
ただ、キーが変形(真四角じゃない)キーボードって、いままであまりいいなと思ったことがないので、触って確かめてみたいなと思ってます。
ところで、これ(Kensington)の型番がわかると探しやすくて助かりますので、教えていただけませんか?

Posted by: りんどう | 2005.06.14 03:54

 りんどうさんこんにちは。
 商品名/型番は、 Comfort Type USB Keyboard [64338]です。
 上の記事の商品名が米Kensington社の製品紹介ページにリンクしてあります。
 あと、上にもリンクがありますが、秋葉館ではまだ売ってるようですよ。左サイドバーをずっとスクロールしながら見ていって、キーボード/Kensingtonおすすめ-USBキーボードで開いていくと、上記商品名が出てきます。

 Kensingtonキーボードの具合ですが、実はよくもなく悪くもなく、です。
 Mac用に普段使っているラショウキーボードの打鍵感がよくて。メカニカルキーボードってんですか。カシャカシャ、打った気になるです。
 ときどきLibrettoL3をつないでKensingtonキーボードも触わってはいますが、ついMacで文章を書く方が多くなってしまっているので、なんとも。うーん、決定的な理由はたぶん、同じUSキーボードでもMac用とWin用で少しキー配列が違うので、その上頻度が少ないために、どうしても慣れない感じが抜けないんでしょうね。Winメインになればもっと違う感想になるはずです。
 もちろん、LibrettoL3はB5ノートのキーボードがそのまま付いていますが、それよりはいい感じがしてますよ。あとは、慣れの問題なんじゃないでしょうか。
 …いや、USキーボードはあまり勧められないな。ドライバは標準で付いてますけど、意外にキーの割り当てを工夫してやる必要が出てくるかもしれません。素で使ってしまってますが、ATOK使いにくいもん。よほどの使い勝手を求めるのでなければ、JISキーボード自体の使い勝手が優ると思いますよ。

Posted by: roe | 2005.06.15 01:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Kensington Comfort Type USB Keyboard:

» Rasho-Keyboad★マニアなキーボード [デンキヒツジの毎日。What's Electric Sheep?]
イタチョコさんのRashoキーボード☆ なんか絵文字がすっごいんです。 これでRTやったら楽しいかも! 管理人はほぼ「ブラインドタッチ・レベル」というお墨... [Read More]

Tracked on 2005.02.26 12:30

« 久保田碧寿、乎友 | Main | モバイルPCの外部バッテリ »