« 今度はハードディスクを買ってきた。 | Main | 「最強の630を創り隊」、閉鎖! »

2004.09.01

部 編 章 節 款 項 論文 書き方

 で検索したら、こんなブログがヒットした。

ろちろぐ:野口悠紀雄.(2002).「超」文章法

 おもしろそうなブログだ。
 ブログの書き方も含め、おいおいじっくり読んでみましょう。
 同じココログだし、レイアウトも参考にさせてもらってよいですか?

 それにしても、検索のしかた下手だなあ、オレ。
 構造的文章の書き方、章とか節といった階層の名前を調べたくて検索したのに、定番っぽいサイトがヒットしなかったよ…。ウェブ上にはないのかなあ。

---
【05.1.24追記】上記、補足記事を書いた。こちら
---
 そんな元々の意図からは外れるけれども。
 ココログ・ベーシックのデザインって意外にバリエーションがなくて、シンプルであっても効果的なものにするにはやはり工夫がいる(ヒットしたブログを見てまだまだ工夫の余地があると痛感した次第)。有料のプラスに上げたくもなるが、すりゃいいってもんでもないよなあ…中身なかったら意味ないんだから。自由度が上がるってことはデザインセンスも問われるんだしさ。
 デザイン絡みでいま考えているのは、リンク集の類は、別にホームページかまえて見やすいリンク集作った方がいいかな、と。ココログでまかなえてしまうのでもいいのだけれど、これはブログの本文読みながらのクイックリンクで、リンク集としてはやっぱり不便は不便。
 ブログとホームページの関係って、ブログでネタ書き散らしながら、コンテンツをホームページにまとめていく、というスタイルがいいみたいだ。走りながらでもやっていける、それだけブログが便利になっている、ということでもあると思うけれど。

 こんなコメントもある。

@nifty:ブログ(blog)サービス「ココログ」:ウェブログ虎の穴 其の六

ちず:普通のサイトを作る場合、全部一から作って、なおかつ内容もある程度出来あがっていないと相互リンクを申し込みにくかったり、検索エンジンにも登録出来なかったりしますよね。それがちょっと大変に感じていたんです。そんなときにココログを教えてもらって、これなら自分は文章を書くだけでいいのかなあ、と思って始めました。ココログを選んだのは、@nifty の会員だったのがひとつ。それと名前が可愛かったからです!


|

« 今度はハードディスクを買ってきた。 | Main | 「最強の630を創り隊」、閉鎖! »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

ども、ろちです。トラバありがとうございます。

文章の階層構造(見出し符号)

法律の場合は、巻→部→編→章→節→款→項、といった見出し符号を使うようです。

現在の論文などでは、1. → 1.1. → 1.1.1. という付けかたが主流みたいです。しかも、簡単です。

ちなみに、3層くらいで止めたほうがいいと、書き方本に書いていた記憶があります。つまり、1.1.1.1.1.1. とか作らないということです。

論文やレポートの書き方は、木下是雄さんと野口悠紀雄さんの著書を読むと参考になると思います。

レイアウト

ココログ・ベーシックのデザインは、ご存知のとおり少なくて、パクってもパクられたとは言えないくらいです。存分にやってくださいw

私のブログの両袖にある各コラムは、左袖に自分の記事を、右袖には外部リンクやツールを配置して、いちおう「流れ」を作っています。

Posted by: ろち | 2004.09.04 17:45

 ろちさん、コメントありがとうございます。

 木下是雄氏の著作はもっているので、見てみます。自分の印象でも、論文の書き方は彼の本が一番しっくりきたんだっけ。
 野口氏は『超整理法』の続編迄は買ってあるはず。「パソコンによる整理法」には影響受けました。文章はテキストファイルとエディタで書く、ファイル名には日付を付けてしまう、メーラーでモノは考える、とか。
 Webで検索したのは出先だったからですが、自分の部屋にある本も最近つん読が多くなっちゃってますねえ…気づかせられました(苦笑)。

 ブログのコメントやトラックバックの作法について、まだよくわかっておりません。とりあえず備忘がてら自分のところにレス付けておきます。
 で、まずはそんな作法から調べようといろいろリンクを辿っていってみると、デザインについてもココログが始まってすぐにテクニックが出てきたみたいですね。その一方、トラックバックからいくつかブログを見ていくとまた、シンプルな構成も多かった。ベーシックでもけっこういじれるもんですね。
 ありがたく、参考にさせていただきます。

 ブログ始めると、ブログを見るようになるもんですなあ。

Posted by: roe | 2004.09.06 16:39

 roeさん、こんばんは。
 roeさんのお役に立つ話かどうかわかりませんが、階層化して文章を書く際、私はiEditというアウトラインエディタをときどき使っています。こうしたアウトラインエディタの類はけっこう便利ですよ。
 検索にも「アウトライン」「構造化」などの語を入力してみると、ひょっとしたらある程度お探しの情報が見つかるかもしれません。
 ……ご存じでしたら余計なお世話ですが、ちょっと思ったので書いておきますね。

Posted by: 左近 | 2004.11.20 19:26

 summercontrailさんこんばんは。iEditのご紹介ありがとうございました。

 メインマシンがいまだにOldMac。始めるときからWindowsとの互換を前提にしていたので(職場をもちろん考慮)、文章はWin3.1からエディタで書いています。秀丸時代が長いんですが、たまに思い出したようにチェックして、昨年からWin2000上ではO'sEditor2使ってます。
 この記事を書いた頃アウトラインプロセッサを探して試したあげく、決定打を出せないまま手持ちの一太郎Lite2(文章書きの機能に特化して軽くした一太郎)のアウトライン機能をとりあえず使ってみることに。Wordのアウトライン機能でけっこう長いレポート書いたこともあるんですけど…。
 アウトラインエディタの類でコレ!と決められなかったのは、テキストファイルに比べて入力・出力の融通さがきかないのが原因です。ソフトウェア移行してしまうとそれまでの資産が参照できないんじゃ、困るなと思いまして。
 ただまあ、自分はどうも上から構造化した文章書くのはどうも苦手で、ろちさんが指摘している階層をどんどん細分化する問題のある文章になってしまう。論理的な文章全体を端的にイメージすることがへたで、かつ長い文になってしまうんで(例によってこんなふうに)、…だからこそ構造化した文章を書くための道具がほしいんですけどね。
 でも演繹的に発想するより、まとまった文章をたくさん書き散らしてから帰納的に配置を考えた方が、自分には合ってるみたいなのかもしれません。

 ご紹介のiEditは、Macでも有名なinspirationをベースにしているアイデアプロセッサと知って期待が高まりました。単なるアウトラインプロセッサ以上に最近はやりの「図で考える」ためにはなんだか使えそうな感じ。inspiration自体は以前調べるまで知らなかったし、無茶苦茶高いので縁はなかったんですけど。
 楽しみになってきました。

Posted by: roe | 2004.11.20 20:04

 O'sEditor2ですか、参考になります。じつは今秀丸から他のエディタに変えようと思って迷っているところなので、O'sEditor2の公式ページをとりあえずブックマークしておきました。
 アウトラインエディタでもテキスト形式(たしかcsvとか)のものもありますし、いろいろ探してみると面白そうですね。
 iEditにとくにこだわりはありませんが、アイデアマップというのでしょうか、あの機能はたしかに便利ですね。今検索していたら似た発想法でマンダラートというのがありましたが、マンダラートの方はたしかにどんどん細分化していってしまいそうです。
 私も先に書き散らしてから整理したい方なので、アウトラインエディタはその際に役立ちそうです。(ブログでかたい文を書くのは億劫なこともあり、最近は使ってないのですが……)

Posted by: 左近 | 2004.11.20 22:42

 さっそくのコメント、嬉しいです。
 iEditはtxt入出力がどんな感じになるか。見てみます。

 自分の知っていることばかり書いてもどうかと思うんですけど、O'sEditor2の件。
 O'sEditor2は、学校の本校に行く高速バス車中で隣り合わせた紳士から教えていただいたという。さもなければいまだに秀丸使ってました。

 エディタって元々プログラムのためのソフトですよね。
 対してO'sEditor2は完全に日本語の文章を書く目的で、表示と印刷のレイアウト(スタイル)を用意しているので、読みやすいし書きやすい。これがほかのエディタには見られず、ほしかった機能です(さらにアウトライン機能とか簡単なワープロ機能を追加すると一太郎Lite2になる感じ)。

 秀丸は使い込むとマクロとかすごいみたいですけど、最初に気になったのが縦書き。そのためにQXエディタも使い始めました。でも、カスタマイズしても秀丸と並び目に優しく(美しく?)するには限界がある。印刷のレイアウトは普通はエディタにはありませんし。
 O'sEditor2は長文テキストを貼り込んでも簡単に整形・表示できます。画面で電子テキストを読むためのソフトとしてT-timeを用意していたんですが、それよりもずっと気軽に使っています。

 短所は、grep検索がないこと。書き散らした複数のtxtファイルを横断検索する機能です。txtの横断検索は「Outlookの検索」でできるかもしれませんが、わがマシンは非力でして。
 そのために、秀丸を入れ直さなけりゃと思ってそのままになっている…。

 なにか、ほかにまたいいエディタがあったら教えていただければ幸いです。

Posted by: roe | 2004.11.20 23:59

 こんにちは。
googleにて「章とか節といった階層の名前を調べたくて検索した」ところ、このページが一番に上っていました。
 何だか可笑しかったので、記念に足跡をのこしておきますね。
 それでは、また。

Posted by: 203号系統 | 2004.12.18 17:54

203号系統さんこんばんは。
楽しいコメント嬉しいです。

おっしゃるとおりなんですよねえ。
冒頭に「ここにはお求めの情報があるとは限りませんのであしからず」とか追記しようかと思っているところです。

googleって意外にバカなんですね。

Posted by: roe | 2004.12.18 21:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 部 編 章 節 款 項 論文 書き方:

» ブログ時代の文章読本  野口悠紀雄「超」文章法 [そのまま、そのままっ!!]
WEBログを始めてから、はや5か月目。ブログ開始前に比べると、文章というものを書く機会が確かに増えた。昼間は仕事でワープロに向かい、夜や休日もエントリ作成のため... [Read More]

Tracked on 2004.09.30 23:57

« 今度はハードディスクを買ってきた。 | Main | 「最強の630を創り隊」、閉鎖! »